« 一部の多肉を室内の窓辺に(2) | トップページ | 亀甲牡丹錦の実生接ぎ 五日後の様子 »

2017年9月 9日 (土)

晩夏に咲く花たち

カレンダーは既に九月中旬に入ろうとしています。温室内も朝夕の気温が下がり、多くのサボテンたちは秋の準備に余念がないようです。

一方、強刺類やアストロフィイツム属のサボテンたちは去りゆく夏を惜しむかのように花を咲かせ続けています。

<フェロカクタス属・紅洋丸> 夏らしい深紅の花です。この種類は強刺類に特有の黒カビが付きにくいようで、刺もきれいな状態を保っています。 P9010358

<エキノカクタス属・金鯱> 今年初開花した金鯱ですがその後もポツポツと開花を繰り返しています。
Sp9010351Sp9010357

<フェロカクタス属・金赤竜> いかにも真夏の花という色合いです。毎年酷暑の時期に暑い花を咲かせます。            Sp9010353Sp9010355

<アストロフィツム属・兜、瑠璃兜> 苗で購入した兜はなかなかうちの温室になじめず大半が昇天してしまいましたが、この二本だけ生き残っています。4年を経てようやく環境にも慣れてきたようで、落ち着いた雰囲気の花を見せてくれています。             P9080028Sp9080026

<アストロフィツム属・瑞鳳玉> こちらは自家産実生苗です。底赤のきれいな花です。良く結実するのですが、こうして並べて置いてあるからでしょうか。Sp9080030Sp9080032


<ロビオプシス属?・壬生の夕日> 東京のYさんから頂いた苗の初開花です。P9080022
P9080024

球体の直径はまだ4cmほどですがその倍ぐらいの大きさの花を咲かせました。黄~オレンジ色の淵に紫色がかかった微妙な色合いです。わずか数日でしぼんでしまうのが惜しい美しさ。作出家のご苦労が偲ばれます。

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 一部の多肉を室内の窓辺に(2) | トップページ | 亀甲牡丹錦の実生接ぎ 五日後の様子 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65770398

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏に咲く花たち:

« 一部の多肉を室内の窓辺に(2) | トップページ | 亀甲牡丹錦の実生接ぎ 五日後の様子 »

無料ブログはココログ