« ミツバチハッチ | トップページ | メロカクタス属「層雲」の変身履歴 »

2017年8月 7日 (月)

蕪城丸vミニマ

今日の主役はツルビニカルプス属の「蕪城丸vミニマ」。ツルビニカルプス属というと小さく丸いサボテンを思い浮かべますが、この蕪城丸vミニマはヒョロヒョロと細長い異形のサボテンです。
 
一年前の寄せ植えの画像がその姿を見るのに一番わかりやすい。2013年春に実生したので実生4年目の寄せ植え苗たちです。この頃は一本一本が自立してまっすぐに立っています。手前右側の苗は双頭の苗、その奥側lの苗は子を吹き始めています。         
 
Sp8110187 
 
 
それから一年後の最近の姿。
 
Sp8040034 
 
下部の太さは変わらず頭部のみ膨らんで、各苗はあちこちに勝手に傾いています。 サボテンの観賞価値の一つは回転対称形の整然とした形状の美しさにあると思いますが、その点からはこのツルビニは観賞価値ゼロ。
 
ただ、実生5年目の今年の夏はやたらと花を咲かせています。観賞価値ゼロと言われ、自己主張しているようです。                              
 Sp8040036 P8040032 P8040028 
 
各株とも群開していますが、一つの花の直径は1cm弱。花の色はくすんだ薄黄色で感動的な美しさは感じさせてくれません。しかしその姿は野草のような力強さを訴えているようです。
 
今年になり子を複数吹いている株が出てきました。群生株にしたらエノキダケのような姿になって面白いかもしれませんね。
 
ツルビニカルプス属「蕪城丸vミニマ」、コレクションの中に持っておきたいサボテンの一つです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« ミツバチハッチ | トップページ | メロカクタス属「層雲」の変身履歴 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。突然のコメントすみません。初めて銀冠玉を育てているのですが、急に元気がなくなってしまいました。根っこは大丈夫な感じなのですが、頭からジワジワ水が出てきてきます。復活できますでしょうか?(*´-`)

ゆー さん、初めまして。
銀冠玉の症状心配ですね。
現物を見ていないので推定ですが、球体の部分から腐敗が進んでいることが考えられます。この場合はあきらめるほかありません。対応する薬剤はありません。
いずれにしても、日陰に置いて水遣りを控え様子を見るよりないと思います。

コメントありがとうございます!実はどうやら、もうダメっぽいです、、。みるみるうちにグニャグニャになりました(*´-`) またリベンジしたいですが、原因がいまいちわからずです。また何かありましたら質問させて下さい(*´∀`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65633637

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪城丸vミニマ:

« ミツバチハッチ | トップページ | メロカクタス属「層雲」の変身履歴 »

無料ブログはココログ