« 水を得て姿を現した実生苗 | トップページ | ミツバチハッチ »

2017年8月 5日 (土)

レウクテンベルキア属「晃山」 真夏の開花

今日の横浜は夜になってもなかなか気温が下がらない。エアコンなしで寝る主義の私としては地獄の一夜になるか。
 
ブログも暑苦しいのは避けてあっさりと。
 
実生丸4年目のレウクテンベルキア属「晃山」二株が同時に開花しました。Sp8050010 Sp8050016 
 
 
この晃山、2013年7月にたにさぼ実生倶楽部さんの第58回タネプレでいただいた種を実生したものです。もともと20本近く育っていましたが各地に貰われて行き、現在この二本が残っています。
 
植えられている鉢は一辺16cmありますので、実生4年目としては良く育った方だと思います。特に晃山はアガベ牡丹と同様油断すると外側の細い疣が茶色に変色して枯れてゆき、みすぼらしい姿になる傾向があります。そこで、水やりの時に薄い液肥をときどき与えて元気に成長するようにしています。
 
サボテンをよく知らない人が見ると「これがサボテン?」と言われそうな草姿ですが、健康に伸び伸びと育った姿はなかなか鑑賞価値の高いものだと勝手に思って満足しています。

 

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 水を得て姿を現した実生苗 | トップページ | ミツバチハッチ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

シューッと伸びた青緑色の疣に、シューッと伸びた刺がカッコよく、大好きなサボテンです。
不注意で鉢を倒してしまい、刺が折れてガッカリしたことも・・・。

kiyo さん、コメントありがとうございます。
サボテンとしては特異な形態の晃山です。
私もその青緑色の肌色が気に入っています。
刺は細くて折れやすいですが、割と丈夫で育てやすいサボテンですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65624785

この記事へのトラックバック一覧です: レウクテンベルキア属「晃山」 真夏の開花:

« 水を得て姿を現した実生苗 | トップページ | ミツバチハッチ »

無料ブログはココログ