« 欧州紀行(4) | トップページ | 欧州紀行 (6) ウィーンへ »

2017年7月13日 (木)

欧州紀行(5)

ブリュッセルに来て、早10日経過しました。
娘夫婦の家を拠点として、ブラッセル市内及びその近郊を気の向くままにウロウロしています。
観光目的でヨーロッパを訪問するのは、初めての経験で興味を引くものが多々あり、なかなか他国まで足を伸ばす余裕はありません。
、ということで、今日もブリュッセルねたです。

ブリュッセルのど真ん中といえば、セントラル駅とその周辺に位置するグランプラス、及び大聖堂が著名ですが、そこから徒歩で10分程のところに、現代のヨーロッパの中央官庁ともいうべきEU本部があります。

ご存じの通りISによるテロの矛先とも考えられている場所であり、周辺は銃をかかえた兵士たちが厳重な警備を行って物々しい雰囲気です。
兵士にカメラを向けることも差し控えねばならないような、緊張感を感じます。


1499884540511.jpg


もちろん、その周辺にはサボタニなど一片のかけらも見ることはありません。
平和や治安の良いことの有り難みを、つくずく感じることができます。

今、ベルギーの時刻は午後9時。外はまだあかるいです。

« 欧州紀行(4) | トップページ | 欧州紀行 (6) ウィーンへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65526873

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州紀行(5):

« 欧州紀行(4) | トップページ | 欧州紀行 (6) ウィーンへ »

無料ブログはココログ