« これはなんでしょう? | トップページ | 食べられる多肉植物:グラパラリーフの栽培に苦戦して。 »

2017年6月 7日 (水)

実生四年目、綾波の現有勢力

四年前の春に実生したホマロケファラ属の綾波、種の入手先は伊丹のY園とネットオークションでした。100本以上の苗が育ち始めました。実生翌年夏の画像です。                    Sdscn0153 Sdscn0019 Sdscn0026 Sdscn0030 Sdscn0074 Sdscn0078 
 
これらの外にも、地植えして越冬した一群の苗もありました。それから4年間、里子に出されたり、昇天したりと多くの苗がいなくなりました。現在温室内には9本の綾波が残っています。
 
<戸外越冬組> 露地でカタバミの間で一年間育てた、というよりは生き抜いた苗です。やはりサイズは他の苗より少し小さいです。でも生命力は折り紙付き。遅れている成長を取り戻すため、他の苗が休眠に入りかけている今でも刺を伸ばしているものがいます。    Sp6010313 Sp6010381 Sp6010382 Sp6010396 
 
 
<Y園から入手した種、剣峰> この系統の綾波はやや気難しい。今日のブログの最初の画像の苗たちです。5本発芽しましたが、一本ずつ枯れてゆき現在残っているのは二本のみです。長い刺が特徴です。                     Sp6010479 Sp6010486_2 
 
<ネットオークションで入手した種からのもの> 出品者からの情報では、種の数は100粒とのことでしたが、発芽した苗はおそらく150本を超えていました。そのうちの三本のみ残しています。                   Sp6010481 Sp6010485 Sp6010480_2 
 
おそらくこれらの苗は同じ親からのものと思われますが、刺の長さや幅に微妙な違いが出始めています。
 
 
 
綾波はこれからの時期、来年の春まで長い休眠に入ります。この間は全く成長をせず、あまり潅水を必要とはしませんので、鉢全体が完全に乾燥する直前に弱めの潅水を行います。時として他のサボテンに水をやるついでに綾波にもたっぷりと潅水してしまうことがありますが、これは根腐れの原因になるので厳禁です。これが分かるのに10年かかり、大事な綾波を何本かダメにしました。これさえ守れば綾波は勝手に育ってゆきます。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« これはなんでしょう? | トップページ | 食べられる多肉植物:グラパラリーフの栽培に苦戦して。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65382811

この記事へのトラックバック一覧です: 実生四年目、綾波の現有勢力:

« これはなんでしょう? | トップページ | 食べられる多肉植物:グラパラリーフの栽培に苦戦して。 »

無料ブログはココログ