« 四角ヘキラン兄弟、色違いの花咲く | トップページ | 実生四年目、綾波の現有勢力 »

2017年6月 6日 (火)

これはなんでしょう?

<1>                      P6030006a 
 
こたえ:接ぎ木の台に使用している袖ケ浦から出てきた蕾。本来掻き取るべきだが、花も見てみたいので残している。
 
<2>                        Sp6010032 
 
こたえ:長盛丸系プシスを接ぎ木台に仕立てるため頭の部分を水平にカットしたが、切り方が甘く成長点が残ってしまった。その成長点から小さな長盛丸が出てきたので、さらにその頭の部分を水平にカットして、実生接ぎを行った。穂は牡丹類の何か。
穂より台の部分が目立つ不思議な形状になっている。
 
 
ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 四角ヘキラン兄弟、色違いの花咲く | トップページ | 実生四年目、綾波の現有勢力 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65378726

この記事へのトラックバック一覧です: これはなんでしょう?:

« 四角ヘキラン兄弟、色違いの花咲く | トップページ | 実生四年目、綾波の現有勢力 »

無料ブログはココログ