« モッチモチのロフォフォラたち | トップページ | うまくいった逆さ接ぎ:トリコセレウススパチアノイデス »

2017年6月19日 (月)

夜の訪問者

普段住んでいる川崎市のマンションをリフォームするため、今夜から温室のある横浜の実家に来ています。夜の温室はここ10年以上訪れたことはありません。ちょうどよい機会ですので夜のパトロールに出てみました。通常梅雨のこの時期の夜はナメクジさんたちが暗躍する季節です。最近フェロシオールの花が齧られているので重点的にチェック。なんと犯人はゴキブリさんたちでした。取り敢えず現行犯はキンチョールで処刑。
 
今年は空梅雨のためかナメクジさんたちの姿は見えませんでした。春から定期的に散布している殺ナメクジ剤や忌避剤が効を奏しているのかもしれません。
 
温室入り口付近で何か大きなものが動く気配。ドキッとして目を凝らしてみると…                  P6190033P6190039_2 P6190028 P6190032 
 
 
昨年9月のブログでもご紹介したガマ君です。 ダンゴムシやらワラジムシやらを鱈腹食したらしく、パンパンに張ったおなかをしています。温室の脇には空の植木鉢を積み上げている横置きのブロックがあって、その横穴に住み着いているようです。
 
昨年9月の訪問者はこちら↓       P9053032crop 
 
今年のガマとは少し人相が異なっており別人かも知れません。いずれにしてもこのガマ君(たち)温室周囲の不快昆虫を食べてくれますので、ずっと居座っていてほしいものです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« モッチモチのロフォフォラたち | トップページ | うまくいった逆さ接ぎ:トリコセレウススパチアノイデス »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。またお邪魔いたしました。ガマって可愛いですよね。happy01
こちらでは、以前、ガマ殖え過ぎた時20匹ほど減らしたことありましたが、次の年にナメクジが激増しました。両方とも夜行性なので、ナメクジはガマの餌になっていたようです。
ガマは毒腺があるし、ナメクジは寄生虫の中間宿主しかも農作物サボタニ等に被害甚大で更に見た目気持ち悪し、どちらを残すかと言えば、ガマの方かなと思ってました。
現在は、ガマ容認してます。毒あるけど触らなければ大丈夫だろう、見るだけ、刺サボと同じ、って感じです。
もう、ガマに囲まれガマんして暮らすしかないです、とほほほ・・・crying

砂漠仙人様、コメントありがとうございます。
旅行に出ておりまして、返信を差し上げるのが遅くなり申し訳ございませんでした。
ガマを取るか、ヌルヌルちゃんを取るか、究極の不気味な選択ですね。
幸い我が家ではガマ君は温室の周りを夜間にウロウロするだけで実質的な被害はないので、共存共栄?しております。
ところで”さぼてろねあ帝国”の脅威の更新スピードにはただ驚愕しております。
特に東北の地元ネタ、私も若い頃5年間仙台に住んでおりましたが、こんなところがあったんだと、興味深く拝見させていただいています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65433022

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の訪問者:

« モッチモチのロフォフォラたち | トップページ | うまくいった逆さ接ぎ:トリコセレウススパチアノイデス »

無料ブログはココログ