« 七福神! | トップページ | お知らせ »

2017年5月27日 (土)

この春の実生接ぎを総括してみました。

今年の春に行った実生接ぎ(カキ子など小さな苗を含む。)の結果を総括してみます。なお、台木は袖ケ浦および長盛丸系プシスです。
 
<銀牡丹> この苗は付いたみたいです。P5270006 
 
一方この苗↓は微妙。                    P5270008 
一応ついてはいるようですが、接ぎ面の少し上の部分から根が出てきました。これまでの経験では、根が出てくるのは接ぎ面がうまくつながっていない場合が多いです。
 
ダメもとでやった逆さ接ぎは成功したようです。まあ、これからも根が出て来るようでは”お笑い”にもなりませんが…P5270016 
この下半身の部分には幸いアレオーレが残っていますので、そのうちここから子を吹いてくるはずです。
 
<精巧丸>  これも微妙です。当初うまくいっているものと思っていましたが、最近になり接ぎ面付近から根が出てきました。P5270012 
やはり、台からの栄養補給が十分ではないので、自らそれを求めて根を出すのでしょうか。
 
<三角牡丹錦> これはうまくいっているようです。夏になり、爆発的に成長するのを期待しています。美味しそうな果物のようです。               P5270020 
但し、斑が入ってくるか微妙。ただの三角牡丹ならすぐに降ろします。
 
<黒牡丹錦> Y園から購入した種「黒牡丹錦」の発芽苗のなかで、一番ひ弱そうな苗を接いでみました。その方が逆に斑入り苗の可能性があると思ったからです。                      P5270024 
どうやら接ぎ木自体は成功したようです。あとは斑が出て来るのを待つのみ。
 
<ロイヤル玉牡丹錦> いくつか失敗した苗もありましたが、下の二つの画像の苗はうまくつながって、成長を開始したようです。なんとなく斑らしきものも見えて来ました。                 P5270034 P5270036 
 
<瑠璃兜錦> 斑のはっきり入った苗を接ぎました。どうやら着いているようです。ただしこの大きさ(5mm)でこのようなはっきりした斑が出ている場合、多くは将来派手斑あるいは全斑に近い斑模様になって観賞価値が低い苗になる可能性が高いです。
P5270037 
瑠璃兜錦の接ぎ木は、実生後一年以上経って斑模様がかなりはっきりしてから行った方が良い場合が多いです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 七福神! | トップページ | お知らせ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65336165

この記事へのトラックバック一覧です: この春の実生接ぎを総括してみました。:

« 七福神! | トップページ | お知らせ »

無料ブログはココログ