« 巨大ヘキランが4輪同時開花 | トップページ | 小型サボテンの最終形:縦長翠光冠 »

2017年5月 7日 (日)

こぼれ種からここまで育つ:般若と盤石が開花

温室内には巨大な般若や碧瑠璃ランポー玉がおりますが、これらが自然交配してできたこぼれ種が発芽し、十分に大きくなってきました。この時期黄色の大輪の花を見せてくれます。
 
<般若>                  Sp5020043_2 Sp5020044  
 
<盤石>                Sp5020045 Sp5020046 
 
両者とも同じ花色ですが、どちらかといえば、般若の花はパッと咲き、盤石の花はデレッと咲きます。同じアストロフィイツム属中の近い親類であってもそれぞれに個性があるようです。
 
下の画像はそれぞれの苗の4年前の姿です。まだ開花前のはなたれ小僧の風情です。                Sdscn1044
Sdscn1029
 
 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

                                                              
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 巨大ヘキランが4輪同時開花 | トップページ | 小型サボテンの最終形:縦長翠光冠 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65249216

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ種からここまで育つ:般若と盤石が開花:

« 巨大ヘキランが4輪同時開花 | トップページ | 小型サボテンの最終形:縦長翠光冠 »

無料ブログはココログ