« フェロカクタス属「紅洋丸」咲く。 | トップページ | 良い刺が出始めてきた黄刺の金冠竜 »

2017年5月 2日 (火)

実生4年目で初開花:新天地と金冠

2013年春に実生に目覚め、100種類近くの種を蒔きました。早いものは実生一年目で開花に至った小型種もありました。それから4年を経て初開花していないものは数えるほどになって来ました。大型のフェロカクタス類、旧ロゼオカクタス類を除く牡丹類などです。そして今日、4年目にして初開花を迎えた二種類のサボテンがあります。エリオカクタス属の「金冠」と、ギムノカリキウム属の「新天地」です。
 
<金冠> 4本の苗が残っていますが、そのうちの一本が開花しました。あとの三本のうち二つには蕾が付いています。             Sp4300470 
 
花は雄蕊や雌蕊を含め金属光沢ある薄黄色同一色の大輪です。太陽光のもとで見ると、これはこれでなかなか美しいものです。         Sp4300472 
 
この金冠、エリオカクタス属の金晃丸に外観はよく似ていますが、金晃丸のように群生したり柱状に育ったりはしないようです。
 
<新天地> 正確には斑なしの新天地錦です。100本以上の同期生のうち30本近く残っていますが、その中で比較的育ちの良い三苗に今春蕾が付きました。下の画像の苗が開花一番乗りです。実生四年目にしてすでに直径10cmを超えています。かなり大型のサボテンに育ってゆく雰囲気を持っています。                    Sp4300464 
 
花は新天地独特のお椀型で、花色は薄い褐色です。P4300474 
お椀の中は雌蕊を囲むように花粉で溢れていますが、自家受粉はしません。この新天地の花、いつみても美しさを感じず、むしろ古生代植物のような不気味さを感じるのは私だけでしょうか。 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« フェロカクタス属「紅洋丸」咲く。 | トップページ | 良い刺が出始めてきた黄刺の金冠竜 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ゴールデンウィーク真っ盛りですね(^_^)
新天地の花、大きさと色は違いますけど、ラフレシアの花に形が似てますね。

森永様、こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
>ラフレシアの花に形が似てますね。
確かに。
いずれも少しだけ不気味さを感じさせますね。
ただ、新天地は悪臭を出さないだけましです。

新天地の花、確かに私もそう感じます。花は美しいというより、蕾も含めて、面白いもの、という感じです。たぶん、美しいのは実です。丸型サボの中では、実が大きいだけでなく、味も甘く美味しいので、交配結実ぜひおすすめです。happy01

砂漠仙人様、お早うございます。
新天地の実が食えるとは知りませんでした。
自家受粉はしないようですが、他に古株(30年以上)に蕾があがってきていますので、機を見て受粉させてみたいと思います。

いつも仙人様のブログを拝見しておりますが、いろいろ多様な植物を育てていらっしゃるのですね。
私は仙台在住時代に野から採集したサクラソウとクリンソウとをずっと育てています。
今クリンソウが満開です。

こんばんは。またまたお邪魔してしまいました。
新天地の実については、私のブログのカテゴリ、ギムノカリキウムから入って遡っていただきまして、2016年8月3日頃に記載が有ります。ご覧頂ければ幸いです。
あっ、あと、いつもお褒めの言葉を頂きありがとうございます。私のブログ、サボ中心でありますが、あまり大したものでない物だらけなので、しかたなく他の物入れてブログ賑わしているだけでして、お恥ずかしい限りです。今後とも宜しくお願いいたします。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65227131

この記事へのトラックバック一覧です: 実生4年目で初開花:新天地と金冠:

« フェロカクタス属「紅洋丸」咲く。 | トップページ | 良い刺が出始めてきた黄刺の金冠竜 »

無料ブログはココログ