« 実生して四年経った牡丹類:(2)黒牡丹とその仲間たち | トップページ | マニアック系サボテンの開花 »

2017年4月 2日 (日)

実生四年目 綾波咲く

四年前に実生した綾波が咲き始めました。
 
<剣峰>                                                       
 
一昨日                            Sp3310490 
 
今朝                            Sp4020013 
 
昼過ぎ                        Sp4020054 
 
 
<ノーマルの綾波>                                                   
 
一昨日                         Sp3310488 
 
今日昼すぎ                      Sp4020056 
 
 
いつみても綾波の花は良いものです。特にノーマルの花は色濃く、花弁の数も多く見応えがあります。一年のうちのここ数カ月だけ動きのある綾波ですが、一年間の育成の苦労に十分に応えてくれる開花です。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 実生して四年経った牡丹類:(2)黒牡丹とその仲間たち | トップページ | マニアック系サボテンの開花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

まんぞう、ばんしょうについては、小説家でありサボテン収集家でもあった「龍胆寺雄」が言及しています。
うろ覚えですが、命名者は先代の鶴仙園園主?象の足のような葉の形、沢山の象が逆立ちをしたような形から「まんぞう」と名付けた、というのが先生の説です。
一方、「ばんしょう」は「森羅万象」から来ているのですが、先代園主の性格は「しんらばんしょう、なんじゃそれ?」というような方であるから、まいがいなく「まんぞう」である、というのが先生の説です。

マミラリアの「白星」は「はくせい」なのか「しろぼし」なのか「しらぼし」なのか。
竹尾園芸が板橋区にあったころは「しろぼし」と呼んでたと思います。

化け猫さん、コメントありがとうございます。
なるほど万象は象の足にそっくりですね。
龍胆寺雄といえば私のサボテン教科書(サボテン小百科:主婦の友社)の著者でもあり、最近さぼちゃんだいすきさんが紹介されていた「シャボテン幻想」も書いておられますね。
シャボテン幻想は、サボテン小百科と共通の話題や表現があり、懐かしく読み返しました。
サボテンファンに限りお薦めの本です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65099823

この記事へのトラックバック一覧です: 実生四年目 綾波咲く:

« 実生して四年経った牡丹類:(2)黒牡丹とその仲間たち | トップページ | マニアック系サボテンの開花 »

無料ブログはココログ