« プクプク感いっぱいのロフォフォラたち | トップページ | エキノプシス属 「大豪丸」が初開花しました。 »

2017年4月17日 (月)

ハマトカクタス属のハマタカンサス かな?

四年前に実生した「hamatacanthus」。たにさぼ実生倶楽部さんからいただいた種から5本が育ち、そのうちの二本が手許に残っております。
 
刺の長いのと…               Sp3310624 
 
群生しているやつと…               Sp4150469 
 
 
ところでこの「hamatacanthus」 、原色サボテン辞典によれば「Hamatocactus 属の hamatacanthus」 であって、さらにその下にいろいろと小分類があります。つまりhamatacanthus の中にもいろいろ近縁種があるようです。原色サボテン辞典にある画像と比較してみると 画像上の刺の長い株は「ロンギハマタ」、群生株は基本種の「大虹」に近い姿に見えます。ただ、画像の二株は同一種でしょうから、群生株はまだ種の特徴がよく表れていないと考え、二株ともロンギハマタであると考えるのが妥当のようです。
 
 
話は本筋からそれますが、上の二株のうち実際に見ごたえのあるのは刺長の方なのですが、画像では群生株の方が見事に見えます。たまたまバックグラウンドに黒いプラ鉢があるので、そのように見えるのでしょうね。一週間に1000枚前後の画像を撮っているので全てバックグラウンドを気にして撮影することは無理ですが、きれいな花が咲いたときなど多少は気にして撮影してみたいものです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« プクプク感いっぱいのロフォフォラたち | トップページ | エキノプシス属 「大豪丸」が初開花しました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65163548

この記事へのトラックバック一覧です: ハマトカクタス属のハマタカンサス かな?:

« プクプク感いっぱいのロフォフォラたち | トップページ | エキノプシス属 「大豪丸」が初開花しました。 »

無料ブログはココログ