« 一人前の姿になってきた黒刺鳳頭の接ぎ木苗 | トップページ | レウクテンベルキア属の「晃山」が開花しました。 »

2017年4月21日 (金)

コピアポア属「ギガンティア」

コピアポア属の「ギガンティア」実生苗が4年目の春を迎えました。
 
Sp4150603 
 
上の画像の苗は一番育ちの良いものを単独植えしているものです。刺を含まない径は5cmぐらい。普段は赤みがかったくすんだ緑色の球体ですが、春のこの時期だけ成長点付近が瑞々しい若葉色に変身します。 刺は黄色で黒王丸のような迫力はありませんが、球体表面には白い粉を吹いています。
 
下の画像は残りの苗を寄せ植えしているものです。Sp4150262 
 
手前左側の苗は縦に伸び過ぎ、右側の苗は南米病にかかり成長点が潰れたため複数の子を吹いています。奥の二本は健やかに育っているようです。
 
このギガンティア、原色サボテン辞典によれば大きくなると径20cm、高さ1mにもなるそうです。そうなったら見事でしょうね。でも居場所が??
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 一人前の姿になってきた黒刺鳳頭の接ぎ木苗 | トップページ | レウクテンベルキア属の「晃山」が開花しました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65179373

この記事へのトラックバック一覧です: コピアポア属「ギガンティア」:

« 一人前の姿になってきた黒刺鳳頭の接ぎ木苗 | トップページ | レウクテンベルキア属の「晃山」が開花しました。 »

無料ブログはココログ