« マニアック系サボテンの開花 | トップページ | 実生して四年経った牡丹類:(4)三角牡丹とその仲間たち »

2017年4月 4日 (火)

実生して四年経った牡丹類: (3) 亀甲牡丹とその仲間たち

実生して四年経った牡丹類、第三回目の今日は亀甲牡丹とその仲間たちについてです。なお、以下に登場する”その仲間たち”は見かけが似ているものを集めただけで、学術的に亀甲牡丹の近縁種に当たるか否かは定かではありません。
 
<亀甲牡丹> 寄せ植え二鉢、30本近くあります。大小さまざま、結構成長の差が出ています。                   P4040027_2 P4040049 P4040029_2 
 
 
<ブラボアナス> 寄せ植え一鉢、9本。亀甲牡丹とどこが違うのだろう。 P4040023_2  P4040025_2
 
<亀甲牡丹ヒントニー> 寄せ植え一鉢、36本。亀甲牡丹より疣(葉)の幅が狭い。                  P4040047  
 
 
<大型亀甲牡丹> さすがに”大型”と名乗るだけあって、現在でも本家よりやや大きく育っています。                 P4040053 
 
 
<連山、大疣連山> 大きな苗三本が大疣連山、他は連山です。他の亀甲牡丹類より栽培は難しい。生き残りは発芽数の20%程度にとどまっています。Sp3310600 
 
これらの亀甲牡丹類、未だ開花をしていません。ということは球体はまだまだ大きくなる余地があるということです。しかし、四年間でこれだけしか大きくならなかったわけですから、成長速度は遅々たるものです。気長に付き合ってゆくよりありません。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« マニアック系サボテンの開花 | トップページ | 実生して四年経った牡丹類:(4)三角牡丹とその仲間たち »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65108393

この記事へのトラックバック一覧です: 実生して四年経った牡丹類: (3) 亀甲牡丹とその仲間たち:

« マニアック系サボテンの開花 | トップページ | 実生して四年経った牡丹類:(4)三角牡丹とその仲間たち »

無料ブログはココログ