« 瑠璃兜錦の受粉がうまくいったようです。 | トップページ | 今年の実生接ぎを始めました。 »

2017年4月25日 (火)

金鯱の刺の発生を良くするにはどうするの?

2015年の6月に安曇野の高木カクタスさんで入手した金鯱三株。二年弱経過しましたが、その後どうなっているでしょうか。購入時と現在の画像を比較のために並べてみました。三本の苗を小さいほうから仮にA、B、Cとしました。
 
<苗A>
購入時
P6150002_2
現在                    Sp4150573 
 
 
<苗B>
購入時
P6150006
現在
Sp4150436 
 
 
<苗C>
購入時
P6150004 
現在
Sp4150437 
購入時の園主さんの説明ではこれらの苗は何年も植え替えしていないとのことでした。手許に来てからはすでに二度の植え替えを行っています。置き場所は温室内の素ガラス下の一番日当たりの良い場所。
 
にもかかわらず、購入時の長い黄金色の刺はこの二年弱で見る影もなくなりました。玄人と素人との腕の差と言ってしまえばそれまでですが、この現実は悔しいですね。
 
温室のガラスをポリエチレンに変えることはできませんが、せめて水遣りを辛くして、植え替を三年間隔ぐらいに延ばし、植え替えの際に用土中の肥料分を控えめにすれば少しは改善するでしょうか。
 
強刺類の刺の発生には紫外線が必須であるともいわれますが、そうだとするとガラスの存在や、長野と横浜の地域差などが動かしがたい要因かも。いっそのこと、これらの金鯱を抱えてスポーツジムにある日焼けマシンにでも入り込みますかね。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 瑠璃兜錦の受粉がうまくいったようです。 | トップページ | 今年の実生接ぎを始めました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

毎日サボテン画像を楽しみにしています。

金鯱、日ざらし雨ざらしにすると密集狂棘になりますよ。日焼けはやむ負えないと割り切らないとなりませんが。
梅雨のない北海道とは気候条件が違いますが本州でも金鯱を戸外で栽培している方を散見します。

いつも勉強させて頂いております。

金シャチはいいなぁと思いますが、管理を考えると購入する勇気がありません。

刺が弱くなったというよりも、相対的に株が大きくなった(刺座の間隔も広くなった)。

ということはないのでしょうか?

antigonus さん、コメントありがとうございます。
当地でも金鯱を戸外栽培しているケースをときどき見かけます。
確かに刺は立派なのですが如何せん塵埃ホコリなどで球体が薄汚れるのでこれまで自分では試していません。
うちの温室は近くに国道16号、環状線などがある影響で風向きによって塵埃が多く、露地栽培は水洗いできるプシスや新天地に限定してやっています。通気性のあるサランラップのようなもので解決できないかと前々から思っているのですが…。

S さん、こんばんは。
>>金シャチはいいなぁと思いますが、管理を考えると購入する勇気がありません。
確かに。うちにも直径40cmを超える金鯱が4本ありますが、大きすぎて植え替えもままならなくなってきました。ただ、そうなるまで20年以上は楽しめましたから、まあいいかという心境です。
確かに相対的に球体が大きくなったとも見えますが、理想はその成長に合わせて刺もさらに強く長くなるべきと考えています。

アレオーレさん、こんばんは。

金鯱、たしかにメジャーな種ですが奥が深いですね。又聞き情報ではありますが、姿よく育てるのはコツがあるそうです。

水やりは最低限しかせず、また温室が多湿にならないよう気をつけます。そして植え替えよりも根を広く張らせ、3年くらいは放ったらかしでも良いそうです。その方は、一般的なサイズ比の鉢に植え、用土を入れた一回り大きな鉢の上に置き、根が下鉢いっぱいに広がった後に下に伸びれるようにしておりました。

私も数金鯱を栽培していますが、肌にシワが寄ってきたら水をやるの方法で、信州からきた個体も棘がより強くなりましたので、参考までに。

いっちゃんさん、情報ありがとうございます。
ポイントは根張りと節水に尽きそうですね。
温室内の過湿防止については前に王冠竜にカビを発生させてしまったときにサボリッチさんからアドバイスをいただきました。朝の水遣り後はしばらく温室を密封して温度をいっきに上げその後窓や出入り口を全部開放して通風を図るようにしています。夕方には余分な水分は飛んで、土中の適量な水分だけになっているみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65196921

この記事へのトラックバック一覧です: 金鯱の刺の発生を良くするにはどうするの?:

« 瑠璃兜錦の受粉がうまくいったようです。 | トップページ | 今年の実生接ぎを始めました。 »

無料ブログはココログ