« エピテランサ属「月世界」の初開花 | トップページ | フェロカクタス属赤鳳変種「ピロサス」 »

2017年3月 5日 (日)

みにくいアヒルの子:エリオシケ属「セニリス」

2013年春にメサガーデンから取り寄せた一連のFN付きの黒王丸種子。実生苗の中に一本明らかにコピアポアではない個体が出てきました。小さな苗のうちはどのような種類のサボテンか、全く見当がつきませんでしたが次第に種(しゅ)としての特徴がでてきました。そして、昨年秋ひょんなことからエリオシケ属の「セニリス」であるらしいことが判明しました。                                      
画像左上の毛深い奴です。       Sp2060345 
 
そして今春このサボテンが初開花しました。Sp3050002 Sp3050004 
 
既に、球体や刺の外観にエリオシケ(旧ネオポルテリア属)である特徴が現れていましたが、この花は疑いもなくネオポルテリアですね。むくつけき毛むくじゃらの球体と清楚な透明感ある花との見事な対比です。
 
黒王丸の種に混ざっていたこのセニリス。当時のメサガーデンで混ざったと思われます。仕分け中に静電気でピョン!と飛び跳ねたのでしょうか。
 
 
今日の温室内は春爛漫の花盛り。その中からいくつかをご紹介します。
 
 
<ギムノカクタス属 白鯱>     P3050009 
 
<同 サブテラネウス>            Sp3050008 
 
<エキノフォースロカクタス属 不明種> P3050013 
 
<フェロカクタス属 真珠>        Sp3050015 
 
<フェロカクタス属 王冠竜> 王冠の頭上に花輪の飾り。輪はすでに二周目に入っています。                          Sp3050017
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

 
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« エピテランサ属「月世界」の初開花 | トップページ | フェロカクタス属赤鳳変種「ピロサス」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64976141

この記事へのトラックバック一覧です: みにくいアヒルの子:エリオシケ属「セニリス」:

« エピテランサ属「月世界」の初開花 | トップページ | フェロカクタス属赤鳳変種「ピロサス」 »

無料ブログはココログ