« 瑠璃兜錦実生苗の先行き見通しについて(1) | トップページ | エピテランサ属「月世界」の初開花 »

2017年3月 3日 (金)

長盛丸系プシスを単球大株に育てる。

化け猫さんから種をいただいた長盛丸系プシス。発芽した240本の苗の一年目は「万田酵素、HB101の効能を検証する」実験に使用しました。その後大半の苗は接ぎ木台に使用、あるいは使用するため養生中ですが、特に成長著しい4本は特別待遇で寄せ植えにして成長促進を図りました。
 
丈夫そうですし温室が満杯であったため、この冬は縁側において越冬させました。                    Sp3030002 
 
実生したのが2014年9月ですから2年半経ちました。現在の直径8cm程度、たくさんの子を吹いています。さすが通称”駄物”といわれているプシス、雑草のような成長、繁殖力です。冬場の水切りと陽光(日の出から日の入りまでずっと当たっています。)で褐色に変化し球体も縮んでいますが、しっかりと生きているようです。
 
今日、これら4本の苗を抜きあげ、子を全部はずして単球で植え替えました。鉢底にはたっぷりと乾燥牛糞を仕込んでいます。そして改めて温室内に戻しました。
P3030714 Sp3030715 Sp3030716 Sp3030717 
 
温室内に戻したことにより、新しい根を張って一気に膨らんでくるはずです。一部の苗には既に蕾も見えていますが、しばらくの間は蕾は摘み取り、出てくる子は全て掻き取って本体の成長最優先で臨みます。
 
今年中に直径12cm、数年内に直径20cmの青々とした巨大球のプシス作成を目指します。駄物とは言わせない超大駄物を作ってみたい。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 瑠璃兜錦実生苗の先行き見通しについて(1) | トップページ | エピテランサ属「月世界」の初開花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

超大駄物、私も興味を持っています。(^^♪

万田酵素・HB101の実験、読ませていただきました。
私は多肉植物を水耕栽培(HY)で育てていますが、非常に早く成長しています。
促成栽培の実験なのでOKなのですが、締めて作るのも大切だと思っています。

多肉の生長点を無くして栽培すると、巨大になりますよ。
遊びでお試しください。

駄物といえど 2年半でこの大きさの育てるのは もはや名人の域に達しているのでは?
私のブログでたびたび紹介しているのですが、プシスをうまく育てられません。
歩道沿いに手頃なスペースがあるので、色とりどりの花を咲かせようと挑戦し続けているのですが。
肥料は十分発酵させた鶏糞を使っていますが、効果は感じられません。
根張りを良くするのには液肥だけのほうがいいのでは?と感じています。
牛糞はどうやって使うのですか?

みねさん、
最近みねさんに刺激され?臥牛やハオの実生を始めました。
苗が多く得られましたら水耕栽培や成長点カットを試してみたいと思います。
いずれにせよ、植物というのは面白いものですね。

ガッテンさん、
お久しぶりです。
今回のプシスが大きいのは、240本の実生苗の中から初期に成長が著しく早い苗を選んだからだと思います。
ランチュウ(金魚)の飼育選別でも、一腹数千匹の仔の中から数匹巨大魚が出ることがあります。ランチュウの場合は優良形質の固定が十分でなく、このような巨大魚が優良魚になる可能性はほとんどないため、すぐに捨ててしまいます。一方サボテンは大きさが異なっても形質はほぼ均一に表れるのでこのような巨大個体は”トッピン苗”などといわれて珍重されているようですね。
牛糞は根から離して鉢底に仕込んでいます。完熟乾燥牛糞のペレットタイプを使用しています。サボテンが牛糞を気に入った場合には、そこまで根を伸ばしてきます。抜きあげたとき根が牛糞を包み込むように回っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64966540

この記事へのトラックバック一覧です: 長盛丸系プシスを単球大株に育てる。:

« 瑠璃兜錦実生苗の先行き見通しについて(1) | トップページ | エピテランサ属「月世界」の初開花 »

無料ブログはココログ