« マミラリア属「ナザセンシス」 | トップページ | 歩みののろい亀甲ランポー玉 »

2017年3月27日 (月)

身割れをよくする銀冠玉:その後

二月九日の記事で銀冠玉の身割れについていろいろと述べさせていただきました。その中で「すべての苗に出るわけではないのであまり気にしない。」と生意気に記載しましたが、これがサボテンの神様の逆鱗に触れたようです。次から次へと銀冠玉が身割れしています。かの国の将軍様よろしく”無慈悲な鉄槌”が下されたのでしょうか。
 
<袖ケ浦台の接ぎ木苗:2本>        Sp3250044 Sp3250086 
 
それにしても接ぎ木苗は成長旺盛なせいか、よく割れます。上の画像の苗は二カ所、下の画像の苗は3カ所に身割れが発生しています。
 
<寄せ植えの中の身割れ苗>       Sp3250197 
時計の8時のあたりの苗、身割れ部分は向こう側を向いています。
 
Sp3250200 
ここでは2時と3時と7時の位置の苗三本に身割れが。8本中の3本ですから結構な割合で起きています。                                                  
 
Sp3250274 
こちらは実生二年目の苗の寄せ植え。左側一列目の4番目の苗、及び左から5列目の3番目の苗が身割れしました。
 
サボテンの神様、もうこれくらいで勘弁してください。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« マミラリア属「ナザセンシス」 | トップページ | 歩みののろい亀甲ランポー玉 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/65074301

この記事へのトラックバック一覧です: 身割れをよくする銀冠玉:その後:

« マミラリア属「ナザセンシス」 | トップページ | 歩みののろい亀甲ランポー玉 »

無料ブログはココログ