« 長盛丸系プシスを単球大株に育てる。 | トップページ | みにくいアヒルの子:エリオシケ属「セニリス」 »

2017年3月 4日 (土)

エピテランサ属「月世界」の初開花

エピテランサ属の「月世界」が初開花しました。2013年秋にヤフオクで入手した種を蒔いたものです。小型種ゆえ、成長は緩慢で、開花するまでに三年半を要しました。                  Sp3030241 P3030249 Sp3030243 P3030245 Sp3030247 
 
寄せ植え鉢全体に加え、開花球を4本選んで個別に撮影しました。月世界そのものは他のサボテンから際立って目立つ存在ですが、月世界同士を比べてもあまり個性らしきものはありません。
 
これまで月世界の栽培法として特別な手立ては行わず、他の実生苗と同様に扱ってきました。ただ、純白で細かな刺、小型の球体などの特徴から日当たりの良い場所に置き、水遣りはやや辛目にし、寄せ植えにした方が良いのかと考えています。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

     

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 長盛丸系プシスを単球大株に育てる。 | トップページ | みにくいアヒルの子:エリオシケ属「セニリス」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64970785

この記事へのトラックバック一覧です: エピテランサ属「月世界」の初開花:

« 長盛丸系プシスを単球大株に育てる。 | トップページ | みにくいアヒルの子:エリオシケ属「セニリス」 »

無料ブログはココログ