« この時期の実生 | トップページ | 旧ネオポルテリア属「白翁玉」が初開花しました。 »

2017年2月 4日 (土)

その美しい刺は今が見ごろ:金冠竜三年生

二月に入り陽光も徐々に強くなり、温室内の最高温度は晴れた日には40℃を超える日も出てきました。
 
三年前の一月に実生したフェロカクタス属の「金冠竜」が美しい刺を上げ始めています。                     Sp2040046 
Sp2040047 
 
たにさぼ実生倶楽部さんからいただいた種(第61回タネプレ)を実生し、丸三年後の今赤刺が7本、黄刺が2本生きています。
 
もともと刺の美しさに定評があるサボテンですが、新刺が出るこの時期はひとしおその美しさが温室内に目立ちます。赤刺もいいですし、黄刺も美しい。
 
多種類のサボテンを育てているうちの温室ではどうしても湿度が高くなる時間帯が多く、強刺類の美しい刺を保つのはなかなか困難でした。しかし何とか水遣りの仕方、窓の開放、鉢の置き場所等工夫してこの状態を長く保ちたいものです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« この時期の実生 | トップページ | 旧ネオポルテリア属「白翁玉」が初開花しました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64851397

この記事へのトラックバック一覧です: その美しい刺は今が見ごろ:金冠竜三年生:

« この時期の実生 | トップページ | 旧ネオポルテリア属「白翁玉」が初開花しました。 »

無料ブログはココログ