« 不夜城のような東京の夜空 | トップページ | その美しい刺は今が見ごろ:金冠竜三年生 »

2017年2月 3日 (金)

この時期の実生

厳冬のこの時期、一般的には温度が低すぎて実生には不適と思われていることが多いようです。しかし、加温設備があれば何の問題もなくどんどん発芽してきますし、カビが発生することもほとんどないため、かえって良い成績が得られています。
 
さらに、発芽直後の苗を陽光に当てるためあえて昼間は温度の低いベランダに置いていますが、この低温が苗に適度な刺激を与えているためか、しっかしと締まってその後も健康に育つ苗が多いようです。
 
今シーズンも12月から種を入手したものから順に実生作業を行っていますが、今日新たに山城愛仙園さんに 注文していた種が届きました。Sp2030002_2 
 
斑入り牡丹類の種5種、しめて7840円。種としては結構高額な買い物となりました。                  Sp2030006 
 
早速PSの容器に用土を入れ、電子レンジで加温殺菌。その後容器ごとに一種類ずつ蒔きました。ラベルも作成しました。      Sp2030011 
 
そして加温装置(足温器)にセット。置くだけですが…。Sp2030014 
 
以下はこのようなプロセスを経て既に発芽している先輩たちです。
 
 
<袖ケ浦>  滋賀県のSさんからいただいた種。ほぼ100%発芽しました。S1 S2 
 
<バイエンシス> 自家産の種です。昨年花座を形成した4本の苗に次から次へと結実し、1000粒近くの種が採れました。(正確には採れ続けています。) これらに発芽能力があるか確認のため実生しました。そして発芽能力を確認!S_2 
 
<桜月> ヤフオクで入手したマミラリア属の種です。 S_3 
 
<緋牡丹錦> これもヤフオクで入手。ギムノカリキウム属の微細な種ですが、これが結構発芽率が高く、かつその後も健康に良く育つことを経験しています。拡大すると、緑や赤紫などいろいろな色、大きさの苗が見えます。S_4 
容器がへんてこな形をしていますが、これはPS容器に用土を入れて電子レンジで加熱した際に過熱によって変形したもの。こうなると次回からはもう使えません。
 
 
さらに、これらの苗の発芽が揃って、ややしっかりとし始めたころ第一回目の植え替えを行います。13cmの角鉢に寄せ植えます。用土は下層は普通の栽培用土、上層2cmは柴目土、砂、燻炭、マグアンプ細粒の混合用土です。
 
<瑠璃兜錦> 葉緑素の有無で二つの鉢に分けています。詳細はこちらSp2030021 Sp2030023 
 
<三角牡丹錦>               Sp2030018 
 
<烏羽玉錦> 半分はアルビノです。Sp2030019 
 
これら第一回目の植え替えをしたものは、昼は低温のベランダで日光浴、夜は室内(22℃程度)で5時間程度LED照射しています。
 
 
このようにして3月末まで”室内(マンション)栽培”を続け、4月になったら温室に持ち込む予定です。                                                          
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 不夜城のような東京の夜空 | トップページ | その美しい刺は今が見ごろ:金冠竜三年生 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

実に良く面倒を見ておいでですね。素晴らしいです。
名札の印刷はどのようになさるのですか?

みねさん、こんばんは。
早速のコメントありがとうございます。
ラベルはブラザーのラベルプリンタ(pタッチ)を使用しています。
パソコンと連動できて便利です。

アレオーレさん、こんばんは。
LEDライトは植物用のものを使用されていますか?
種を蒔く際の用土は肥料無しのものを使われていますか?
質問ばかりですみません m(_ _)m

森永様、お早うございます。
LEDライトは普通の電気スタンド用のものです。
昼の太陽光の補助ですので、これで十分かと。
播種時の用土は、肥料分は不要です。
すぐに植え替えますし、肥料分があると苔が生えてくることもあり、かえって逆効果です。
私は、柴目土(主)と川砂(10%ぐらい)と燻炭(5%ぐらい)とをブレンドして試用しています。
川砂を入れると第一回目の植え替えの時抜きあげやすいです。
燻炭は気休め。用土を健全にするようです。

ご質問歓迎、分かることでしたらなんでもお答えします。

アレオーレさん、こんにちは。
この時期の実生は発芽が揃うまで加温をし続けないといけないでしょうか。加温設備を止めるタイミングがわかりません。 ~(・・?))

ファン さん、ご訪問ありがとうございます。
発芽のトリガーは桜の開花のように「温度と時間の積分」が一定値を超えることであるような気がしております。
しかしこれが一定の数値としてつかめていない以上現実的には発芽が揃うまで加温せざるを得ないと思いますし、実際私はそのようにしております。

ありがとうございます。試してみたいと思います。

アレオーレさん、教えてくれて有難うございます。同じく愛仙園から注文した種子が届きましたので、蒔きたくて仕方がないです。早速ホットマットを敷いて実生して見ます。

こんばんわ。confident
最近、拝見させていただいています。実生や育生の記事など、とても参考になります。
なにぶん北国の人間なので、植え替えはもうしばらく我慢しようと考えております。
実はMESAから、種子を輸入しようと思っているのですが、本当に発芽するのか、不安なところがあります。アレオーレさんのところはいかがでしたでしょうか?

PS.住所が透けているようです

茨木さん、初めまして。
MESAは最近園主が変わったようですね。
まあ、園主が変わっても発芽率が変わることはないでしょうからこれまでの経験を申し上げます。
これまでサボテンやメセンの種の注文を4回ほど経験しておりますが、特に発芽率が低いとか、逆にとてつもなく高いとかの経験はありませんでした。
特に過大な期待を持たず普通に注文されたら良いと存じます。

お返事ありがとうございます!smile
なるほど~。やってみます! 

ごぶさたしております!
あの種、発芽率良さそうですねー!
当方は加温設備をあれこれ思案しているうちに
時間ばかりが過ぎてしまい未だ撒けていません(汗)
すでに色んな種子を見境なく買ったので
数も種類も我ながら呆れるほど(笑)
頑張って実生します!!

ざっきーさん、こんばんは。
おかげさまでいただいた袖ケ浦は順調に育っています。
来年の春には実生接ぎの台に使用できそうです。
温室内の温度はかなり上がるようになってきましたのでそろそろ加温なしでも実生可能になってきそうですね。ざっきーさんのところは栽培面積は無限大?でしょうから、どんどん実生してよい苗を育てることができそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64847289

この記事へのトラックバック一覧です: この時期の実生:

« 不夜城のような東京の夜空 | トップページ | その美しい刺は今が見ごろ:金冠竜三年生 »

無料ブログはココログ