« 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 | トップページ | 不夜城のような東京の夜空 »

2017年2月 1日 (水)

順調すぎる成長をみせてくれます。金鵄玉 (フェロカクタス)実生一年生

金鵄玉 (Ferocactus cornigerus var. flavispinus)の種を蒔いて丸一年経ちました。金鵄玉はあの「日の出丸」の黄刺変種です。
 
”金鵄”は「きんし」と読み、”鵄”は鳥のトビ、いわゆるトンビのことです。同じフェロカクタスの「巨鷲玉」は”ワシ”ですが、名前からは大きさでは負けて美しさで勝ちそうですね。
 
第73回タネプレでたにさぼさんからいただいた種を昨年1月25日に蒔き、一週間後に最初の発芽を見ました。総数24本が発芽し3月25日に第一回目の植え替えです。
 
<3月29日> 中央二列と二本の大きめの苗が金鵄玉です。                                                                
S0329 
 
<5月25日> はっきりとした刺が出てきています。 S0525 
 
<7月23日> 球体も膨らんできました。S0723 
 
<9月22日> 一鉢に植え替えました。 S0922 
 
<11月29日> 刺が目立ってきました。 S1129 
 
<2017年2月1日> 冬の時期でも順調に育っています。S20170201 
 
ここまでは、極めて順調な成長でした。この春に第三回目の植え替えを行う予定です。問題はそのあとの植え替えあたりからで、強刺類のご多聞に漏れず拗れてくるはずです。
 
まあ、今のところまだ 23本生き残っていますので、このうち4本ぐらいが拗れることなく順調に育ってくれることを願っています。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 | トップページ | 不夜城のような東京の夜空 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64838742

この記事へのトラックバック一覧です: 順調すぎる成長をみせてくれます。金鵄玉 (フェロカクタス)実生一年生:

« 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 | トップページ | 不夜城のような東京の夜空 »

無料ブログはココログ