« 花四題 | トップページ | 短疣(丸疣)青磁花牡丹 »

2017年2月26日 (日)

王綾波の巨大な新刺と蕾

原色サボテン辞典ではホマロケファラ属の綾波の中でも刺幅が広くその先端が二つに分かれているものを特に”王綾波”と呼んで他の綾波と区別しています。
 
我が家の”王綾波”は、刺は幅広ですが先端は二つに分かれていません。ただ、入手したときの名前がそうだったのと、他の普通の刺幅の綾波との区別をするため、あえて”王綾波”と呼んでいます。ネットで画像検索してもただ幅広い刺のものを王綾波と呼んでいる例も多くみられるようです。
 
四年前に我が家にやってきた王綾波の苗が二本あります。両方とも深刻な根腐れを経験しましたが、運よく現在まで生き残っています。一月の植え替えを経てこのところの温かさに誘われて大きな新刺と蕾を上げてきました。
 
<苗A>                        P2260004 
P2260006 
 
<苗B>                            Sp2260008 
P2260010 
 
苗A,Bとも温室内の一番日当たりの良い場所に置いてありますので、ここ一年ほどはとても機嫌よく育っています。苗Bは冬場の水切りと強い陽光でやや日焼け気味ですが、強い刺を出すためにはこのぐらいの方が良いのではないかと思って管理しています。
 
 
両苗とも新刺の根元の幅は現在5mmぐらいでもう少しすると1cm近くなるはずです。この頃が綾波の刺の一番の見どころで、刺色も深紅になりとても美しいものです。その後は水分を失うためか刺幅は少し狭くなってゆき、色も褐色へと変化して行きます。
 
この二本の苗は全く別系統の苗なので同時に開花すれば交配して採種可能です。結実させれば確実に苗は消耗しますが、今年は1本だけは結実させても良いかな、と考えています。
 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

(追加画像:20170227,14:30) 

クチクラ層を突き破り成長する青磁牡丹           P2230244

« 花四題 | トップページ | 短疣(丸疣)青磁花牡丹 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ いつも楽しく拝見させていただいています
12月に分譲していただいた三角牡丹のことなのですが
最近葉っぱの表皮が薄く白くなって剥がれています
葉先が白くなって欠けているものもあります
リトープスみたいに脱皮するの?
病気?
水不足でお肌が乾燥してぽろぽろ剥げてる(人間みたいに)だけ?
原因と対策を教えていただけないでしょうか?
同じく分譲していただいたハオルチアは花芽もできて元気です
よろしくお願いします(_ _)

arua さん、こんにちは。
現物を拝見していないので確たるご返事はできませんが、一般に牡丹類のクチクラ層はとても固く、成長停止しているときから急に成長を再開する際に内側の組織がクチクラ層を破って大きくなることがあるため、破られたクチクラ層はビニールのように剥離されてペラペラと落ち着かない状態になることがあります。ブログ本文末にこのような状態の画像を追加しておきましたのでご覧になってください。

突然のぶしつけな質問に丁寧な回答ありがとうございます
まさに画像のようになってます!
病気かと思いました
安心しました
ありがとうございました(_ _)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64944718

この記事へのトラックバック一覧です: 王綾波の巨大な新刺と蕾:

« 花四題 | トップページ | 短疣(丸疣)青磁花牡丹 »

無料ブログはココログ