« レブチア属の不明種 | トップページ | 冬のメロカクタスたち »

2017年1月27日 (金)

実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」

今日は2013年4月に実生したスルコレブチア属の「ラウシー」について。
 
Sp1270284 
 
奈良の業者さんから購入した種20粒を蒔いて11本発芽し、そのうちの8本が生き残っています。大きさは直径2.0~2.5cmぐらい。小型種ゆえか、成長は緩慢です。下の画像は2015年8月のもの。大きさはあまり変わっていません。よく見るとこの時から植え替えていないようです。そろそろ植え替えてやらなければなりませんね。                 Dscn1201 
 
ラウシーには球体の色により、”紫”と”グリーン”とがあるようですが、上の画像の寄せ植え苗は両者が混ざっているようです。苗が大きくなって充実してくると子をどんどん吹いてくるはずですが、今のところ数本の苗が子を吹いているだけです。
 
もともとこのサボテンは南米の高地が原産地のようです。そのため夏の蒸し暑さは苦手で、風通しの良い場所を好むようです。温室内ではなかなかそのような場所を見出しにくいので、とりあえず送風機の風が当たる場所を定位置にしています。
 
スルコレブチア属の本種、その見どころの一つは美しい花で、これらの株も昨年すでに初開花を見せています。            Sp5010619 
 
どんどん子吹させて群生株を育て、一斉に開花させたらさぞ見事なことでしょうね。東京オリンピックが開催される頃にはそうなってほしいものです。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« レブチア属の不明種 | トップページ | 冬のメロカクタスたち »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64817300

この記事へのトラックバック一覧です: 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」:

« レブチア属の不明種 | トップページ | 冬のメロカクタスたち »

無料ブログはココログ