« 旧ソシリア属の怪獣シロナナゴン | トップページ | 早くも動き出した綾波 »

2017年1月16日 (月)

四六のガマの油よろしく分頭を続ける「アザラシ」

マミラリア属の「アザラシ」。子吹きすることなく分頭して多頭化することで知られています。
 
我が家に単頭の小さな苗で来てから4年経ちますが気が付くとすでに2頭に分頭していたものがさらに4頭化しつつあります。
 
Sp1150615_2 
 
<左頭拡大>                Sp1150613 
 
<右頭拡大>                 Sp1150612_3 
 
左右いずれも成長点が分化してそれぞれ二頭に変化しつつあるようです。単頭が二頭に、そして二頭が四頭に。まるで筑波山のガマの油売りの口上のようです。                                                     
 
サテお立合 手前ここに取りいだしたる筑波山名物ガマの油
ガマと申してもただのガマとガマが違う、これより北、北は筑波山のふもとは、おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマ、・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
取り出したるは夏なほ寒き氷の刃、一枚の紙が二枚 二枚が四枚 四枚が八枚 八枚が十六枚 十六枚が三十と二枚 三十二枚が六十四枚 六十四枚が一束と二十八枚 ほれこの通り、ふっと散らせば比良の暮雪は落花の吹雪とござい。
 
このまま多頭化が進むとガマの油の口上のようにいつの日か64頭立てのサボテンが完成するのでしょうか?                                
 
未来のことは分かりませんが、過去の多頭化(1→4)の歴史はたどることができます。
 
<2013年4月> 入手時は単頭でした。S201304 
 
<2014年1月> 最初の分頭が始まりました。S201401 
 
<2015年1月> 完全に二つに分かれました。S201501 
 
<2016年1月> 分頭を受けて球体が「Y」字形になっています。S201601 
 
 
動物園のアザラシはいろいろな芸をして我々を楽しませてくれますが、サボテンの「アザラシ」もなかなか面白い形態変化を見せてくれるものです。
 
 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。                                         

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 旧ソシリア属の怪獣シロナナゴン | トップページ | 早くも動き出した綾波 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64772060

この記事へのトラックバック一覧です: 四六のガマの油よろしく分頭を続ける「アザラシ」:

« 旧ソシリア属の怪獣シロナナゴン | トップページ | 早くも動き出した綾波 »

無料ブログはココログ