« 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 | トップページ | 白刺黒王丸の実生苗 »

2017年1月28日 (土)

冬のメロカクタスたち

寒さには弱いといわれているメロカクタス属のサボテンたち。厳寒のこの時期温室内でどのような顔色をしているでしょうか。ちょっと覗いてみました。
 
温室内に設置している最高最低温度計を見ると最低温度は「4℃」を示しています。電熱ヒーターの加温開始温度を5℃に設定していますのでちゃんと作動しているようです。                   Sp1270351 
 
さて、それでは個々のメロの苗に目を転じてみましょう。
 
<バイエンシス(推定実生6年生)> 昨年、花座を形成し始めました。Sp1270491
球体全体が白っぽく変色しています。やはり寒さの影響が出ているようです。ただ、昨冬も同じように変色して春には回復していますので、想定の範囲内です。球体の変色にもかかわらず花座からはポツポツと花が咲きますし、種を内包した鞘も出てきています。
 
 
<ロンギスピナ(実生4年生)>  寒さをものともせず、元気そのものです。この時期でも成長を続けているようです。           Sp1270445 
 
 
<厳雲(実生4年生)> この苗も寒さの影響は受けず成長を続けています。Sp1270443 
 
 
<グラウセッセンス(実生2年生)> このメロは温度設定が低い(最低温度1℃)第二温室に置いていますが、元気です。             Sp1270201 
 
 
<層雲(実生1年生)> 袖ケ浦の台に接いでいます。元気に成長を続けています。                  Sp1270053 
 
総じて若い苗ほど寒さに強そうですね。年を重ねるごとに寒さに弱くなる、人間みたいなサボテンです。
 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 | トップページ | 白刺黒王丸の実生苗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64821563

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のメロカクタスたち:

« 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 | トップページ | 白刺黒王丸の実生苗 »

無料ブログはココログ