« 四六のガマの油よろしく分頭を続ける「アザラシ」 | トップページ | ツルビニカルプスの開花たけなわ »

2017年1月17日 (火)

早くも動き出した綾波

ホマロケファラ属の「綾波」(Homalocephala texensis Br. & R.)は一年のうちの春から初夏の数か月間だけ成長を見せることが知られています。
 
しかし、今年は一月中旬の今、温室内のほとんどの綾波が成長をし始めています。
 
 
<実生苗4年生>
-剣峰- 山城愛仙園さんから”豪刺綾波”として入手したもの。2本が生き残っています。               Sp1160037 
Sp1160041 
上の画像の苗は11時の方向の稜に僅かに動き始めた兆候が見えます。下の画像の苗は5時の方向の稜にすでに動き始めた刺が顔を出しています。
 
-普通の綾波- ヤフオクで入手した種からの苗三本Sp1160038 
Sp1160039 
Sp1160040 
上段の苗はまだ動きが見られませんが、中段、下段の苗は動き始めています。上段の苗は球体の色が少し白色にくすんでおり要注意です。根が傷んでいるかもしれません。
 
<苗で入手した綾波>
Sp1160036 
Sp1160042 
Sp1160043_2 
上段、中段は王綾波、下段は普通の綾波として入手したものです。上段、下段の苗はすでに動き出していますが、中段の苗はまだ動いていないようです。これも根の健康状態に要注意です。
 
この綾波の成長開始以外にも銀冠玉が開花したりと、例年に見られないことが続きました。異常気象のせいだと単純に理由付けできなくもありませんが、他のサボテンさんたちはカレンダー通りの動きを見せているものも多く、そう簡単な話ではなさそうです。
 
いずれにせよ動き始めたものには、恐る恐る水遣りをして顔色を窺う日が続きそうです。
 
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 四六のガマの油よろしく分頭を続ける「アザラシ」 | トップページ | ツルビニカルプスの開花たけなわ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

同じ綾波でも棘の色・長さ、それぞれ違って面白いですね。

森永様、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
確かに綾波の刺は苗ごとに色、長さに微妙な違いがありますね。
特に刺の色は季節や経時変化により微妙に変化するみたいです。
見かけは丈夫そうに見える綾波、実は結構気難しくすぐに根腐れします。
成長期以外はおっかなびっくり水遣りしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64776035

この記事へのトラックバック一覧です: 早くも動き出した綾波:

« 四六のガマの油よろしく分頭を続ける「アザラシ」 | トップページ | ツルビニカルプスの開花たけなわ »

無料ブログはココログ