« NOX の分厚いレンズ 蕾膨らむ | トップページ | 瑠璃兜錦の実生:斑の有無や良否はいつ頃見分けられるか »

2017年1月13日 (金)

テロカクタス属 「緋冠竜」 実生四年目

花と刺との両方に見どころのあるテロカクタス属の「緋冠竜」(thelocactus hexaedrophorusu. v .fossulatus (Scheidw.)P . Skbtg )。
 
2013年6月に種まきしたので、そろそろ満4歳になります。その成長の様子を実生直後から振り返ってみましょう。
 
<2013年8月> 発芽後2カ月経過時の画像です。薄緑色の球体が初々しい印象を与えます。綾波の幼苗とよく似ています。 S201308 
 
 
<2014年1月> ”栴檀は双葉より芳し。”球体より刺が目立ってきました。S201401 
 
 
<2015年1月> ここにきてようやくしっかりとした苗になってきました。新刺の赤さが目立つ苗も出てきています。             S201501 
 
 
<2016年1月> 球体が膨らんで、艶消しの緑色がはっきりとしてきました。S201601 
 
 
<2017年1月(最近)> 緋冠竜らしいしっかりとした刺が出てきました。S201701 
 
 
実生して四年近く経ちますが未だ開花を見ていません。同じテロカクタスでも大統領は早くから大きく美しい花を次々に咲かせていますが、鶴巣丸、和光丸、紅鷹は未だ開花に至っていません。開花についてはテロカクタス属は晩生ですね。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

                                                                
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« NOX の分厚いレンズ 蕾膨らむ | トップページ | 瑠璃兜錦の実生:斑の有無や良否はいつ頃見分けられるか »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64759304

この記事へのトラックバック一覧です: テロカクタス属 「緋冠竜」 実生四年目:

« NOX の分厚いレンズ 蕾膨らむ | トップページ | 瑠璃兜錦の実生:斑の有無や良否はいつ頃見分けられるか »

無料ブログはココログ