« 白刺黒王丸の実生苗 | トップページ | 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 »

2017年1月30日 (月)

エピテランサ属 「月世界」

今日の主役はエピテランサ属の「月世界」です。
 
実生二年目の寄せ植え:一本烏羽玉が混入しています。直径5~10mm程度の大きさに育っています。
Sp1270187 
 
実生三年目の寄せ植え:直径は20mm程度。このぐらいになると球体はやや縦長に育ってきます。                           Sp1270217 
 
月世界の見どころは小さな球体と、その表面を覆う密に整然と配列された白いとげです。これを実現するため、用土の肥料分は控えめにして、陽光を十分に当て、かつ水遣りを辛めにおこなうようにしています。                      
 
今日の横浜は春のようなポカポカ陽気。満を持していた梅が一斉に開花を始めました。                 P1300036
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 白刺黒王丸の実生苗 | トップページ | 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

月世界、白さが際立ってキレイですね。

みねさん、こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
この月世界おっしゃるように白くて美しいのですがいかんせん小さいです。
寄せ植えにするか、群生株に育てるかしてグループにして鑑賞するのが合っているような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64830281

この記事へのトラックバック一覧です: エピテランサ属 「月世界」:

« 白刺黒王丸の実生苗 | トップページ | 身の程知らずに大きくなると… プセウドペクチニフェラ接ぎ木苗の場合 »

無料ブログはココログ