« 化け物になってしまった亀甲牡丹実生接ぎ木苗 | トップページ | 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 »

2017年1月26日 (木)

レブチア属の不明種

中学生時代の友人から20年ほど前に譲り受けたレブチア不明種。手抜き栽培の犠牲になり、気が付くと本体は全滅していました。こぼれ種から芽を出した10数本の苗をかろうじて拾い上げたのが2013年4月のことでした。
 
大きなもので直径1cm程度。ダメでもともとのつもりで平鉢に適当に植え付けました。以来、ずっと棚下のやや日当たりの良い場所が定位置です。                                                                                       S201304
 
<一年後(2014年4月)> かなり大きくなったものや、小さなまま子吹を始めたものなど。同じ大きさの丸平鉢に植えていますので一年間の成長がよくわかります。強い生命力を感じます。                       S201404_1 S201404_2
 
<2015年4月> 小さな鉢に一本植えにしました。すべての苗が子を吹いていますが、その態様は様々です。             S201504 
 
<2016年4月> この年は植え替えをさぼりましたが、それなりにびっしりと子を吹いています。                     S201604 
 
<2017年1月> そして最近の姿です。敬意を表して1月に植え替えました。
成長の良い一株は少し大きめの鉢に植え替え、棚下から棚上に移動しました。                       Sp1250015 Sp1250016 
 
このレブチア不明種、オレンジ色の可憐な花を咲かせます。本来群開するべきものと思われますが、これまで棚下に置かれていたため寂しげな開花にとどまっていました。              201505 
 
棚上に格上げした株が今年、来年とどの程度の開花を見せてくれるか楽しみです。      
       
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 化け物になってしまった亀甲牡丹実生接ぎ木苗 | トップページ | 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

アルビピロサスに似ていますがどうでしょう。レブチアとスルコは似たものが多く名前の同定が難しいですね。

仙水様、お早うございます。
いつもコメントありがとうございます。
原色サボテン辞典で画像を確認しましたが、確かにアルビピロサス(albipilosa)ですね。
長年の疑問が解決しました。
早速名札を作成します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64813187

この記事へのトラックバック一覧です: レブチア属の不明種:

« 化け物になってしまった亀甲牡丹実生接ぎ木苗 | トップページ | 実生四年生 スルコレブチア属「ラウシー」 »

無料ブログはココログ