« 抜き苗作業 | トップページ | 渋すぎるサボテン:ギムノカリキウム属 「オコテレナエ・バリスピナ」  »

2016年12月19日 (月)

コリファンタ属「魔象丸」:不熟青硬の実

コリファンタ属 魔象丸の実がようやく色づいてきました。Spc120024 
Pc120027 
 
通常サボテンは開花があったその年に結実を見るものです。しかし、この魔象丸の実は昨年7月に開花したものが実ったものです。この黄色い色は成熟のサインなのでしょうか。それともさらに赤くなって、実割れでもするのでしょうか。
簡単に経過を振り返ってみましょう。                                   
 
<昨年7月> 実生二年目で初開花しました。
Dscn7611 
<今年1月> 成長点近傍に緑色の小さな実ができています。                                         
P1160379 
<今年4月> 実の鞘がニュッと伸びてきました。                                                                           
Dscn1120 
<今年7月> 昨年の実をつけたまま今年の花を咲かせました。                                                    
P7050608
 
 
現在、今年の花が咲いた位置には既にフジツボのような形をした実ができています。この実も来年春にはニュッと伸びあがってくるはずです。
Spc120029 
 
この魔象丸、春から夏にかけては疣が上向きに伸び、球体は縦長になります。逆に冬季になると疣は内向きに傾いて球体は真球形に近い形状に縮みます。サボテンさんもいろいろ考えながら環境に対応しているようです。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 抜き苗作業 | トップページ | 渋すぎるサボテン:ギムノカリキウム属 「オコテレナエ・バリスピナ」  »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64647026

この記事へのトラックバック一覧です: コリファンタ属「魔象丸」:不熟青硬の実:

« 抜き苗作業 | トップページ | 渋すぎるサボテン:ギムノカリキウム属 「オコテレナエ・バリスピナ」  »

無料ブログはココログ