« 余剰苗分譲のご応募状況(2) 締め切り日の変更 | トップページ | ネオポルテリアの季節が始まった。 ご応募の状況(3) »

2016年12月11日 (日)

白斜子の接ぎ木苗に蕾が…

今年の8月に袖ケ浦の台に接いだ、ソリシア属「白斜子」Solisia pectinata(B.Stein )Br.& R.に蕾が出てきました。            Spc100006_2 
 
少し拡大してみます。               Pc100008_2 
球体側面の高さ方向中ほどに、ぐるりと10数個の蕾が並んでいました。この蕾の付く位置が白斜子の特徴でもあります。
 
ちなみに、この接ぎ木苗の同級生である自根苗にはまだ蕾は出てきていません。やはり接ぎ木の威力絶大です。           Spc100010_2 
 
これら一群の白斜子は2013年春に実生したもので、2015年春に初開花しています。                    Dscn4331 
ピンクの差したパールの花色は上品なものです。来春にはこのような花を見られそうです。
 
二年前の画像を見て気付いたのは、この二年間で球体はあまり大きくなっていないことでした。現在の大きさは直径1.5cm、高さ3cm程度です。
 
原色サボテン辞典によれば、本種の標準的な大きさは径6cm、高さ8cmとあります。まだまだ気長に付き合ってゆくべきサボテンのようです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 余剰苗分譲のご応募状況(2) 締め切り日の変更 | トップページ | ネオポルテリアの季節が始まった。 ご応募の状況(3) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64613077

この記事へのトラックバック一覧です: 白斜子の接ぎ木苗に蕾が…:

« 余剰苗分譲のご応募状況(2) 締め切り日の変更 | トップページ | ネオポルテリアの季節が始まった。 ご応募の状況(3) »

無料ブログはココログ