« クリスマスに見るサボテンの蕾 | トップページ | 死んだふり? 真冬の綾波 »

2016年12月26日 (月)

ブルビネ メセンブリアンテモイデス 花芽があがってきました

今年の一月に実生したブルビネ・メセンブリアンテモイデス、4本が順調に育っています。12月の下旬になり、そのうちの一本から花芽が上がってきました。
 
 Spc250424 
 
Enlarged_2 
 
まだ小さくて分かりにくいですが、何やらハオルチアの花芽に似ているように見えます。
 
他の三本の苗も健康そうです。   Spc250421 
Spc250422 
 
Spc250423 
 
ところでこのブルビネ・メセンブリアンテモイデスの見どころは、葉先が収縮し、透明窓が集合して氷砂糖のように見えるようになることです。葉先の収縮のためには十分な日光浴が必要であると思われますが、現在これらの苗は温室内の棚下に置いてあります。そのため、やや水ぶくれのように見えます。
 
これからの時期、日照時間も長くなってきますので徐々に陽に当たる時間を長くし、水遣りも厳しくして本来の姿に近づけたいと思います。また、自家受粉はしないようですので、他の株にも花が咲いたら交配して種を取ってみたいですね。
 
****************************************************************************
 
昨日分譲苗の発送を終えました。今日午前中から次々と苗到着のメールをいただいております。特段の事情がない限り明日中までに応募いただいたすべての方にお届けできると思います。                                  
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 
 
 
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« クリスマスに見るサボテンの蕾 | トップページ | 死んだふり? 真冬の綾波 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64679760

この記事へのトラックバック一覧です: ブルビネ メセンブリアンテモイデス 花芽があがってきました:

« クリスマスに見るサボテンの蕾 | トップページ | 死んだふり? 真冬の綾波 »

無料ブログはココログ