« 黒刺鳳頭の接ぎ木苗:この一年の成長 | トップページ | 温室の冬支度を終えました。 »

2016年12月 7日 (水)

個性あふれるサボテンたち:スーパー兜実生二年半

今日は2014年春に実生したスーパー兜についてです。
 
2014年12月:実生した年の画像です。種まきから10カ月後。Sdscn8550 
”栴檀は双葉より芳し” を地で行くような白い苗から、「こりゃ瑠璃兜でないの?」と言いたくなるような青い苗まで玉石混交です。
 
2015年12月:比較的成長が揃った苗の一群です。Sdscn7371 
似た苗(左下の二本及びその斜め上)もありますが総体的にはかなりバラバラな見かけの苗です。
 
2016年12月:同じ年に実生したスーパー兜の数ロットの苗を一鉢にまとめて寄せ植えしました。                       Spb290443 
つぶさに観察すると一本一本それぞれに個性があり、見飽きません。兜だけ専門に栽培していらっしゃる愛好家、分かるような気がします。
 
大きさもかなりバラバラです。大きなもので直径4cm程度。原因不明で突然昇天してしまうことのある兜、あと10年後何本の苗が生き残っているでしょうか。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 黒刺鳳頭の接ぎ木苗:この一年の成長 | トップページ | 温室の冬支度を終えました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

サボテンは植え替えて育てる…
と言うような事を聞いたことがあるのですが、
植えっぱなしではやはり良くないのですか?

前に頂いた士童の実生(おととしの夏?)は
まだ5ミリくらいです。
これは小さめ?
兜は腰折れがずっと治らないのもあります…
兜は8センチくらいですが、買った時から大きさは変わりません…
もっと頻繁に植え替えた方が良いのでしょうか?

halu さん、おはようございます。
サボテンは確かに植え替えするとよく育ちます。
私のところでは実生一年目は年二回、その後は年一回、大苗は2~3年に一回植え替えます。
理由は小さな鉢に植えられているので土が劣化しやすいなどと言われていますが、真偽のほどはよくわかりません。現地では当然植え替えがないわけで、それに比べると栽培苗の方が成長は早いと思っています。肥料の供給などが関係しているのかもしれませんね。
兜が大きくならないのはまた別問題かも知れません。
兜は環境が変わると拗れることをよく経験しています。
オークションなどで入手した兜は私のところでもなかなかうまく育ってくれません。
その点、自家実生苗の歩留まりは良いです。

ありがとうございます!

実は私…サボテンを地植えにしています。
サボテンだけじゃなく、他の多肉達も。
鉢管理だとどうしても場所がなくて…

半年ごとに植え替えと言うか
土の入れ替え、根の整理をしていますが
兜はなかなか仲良くなれません(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64595738

この記事へのトラックバック一覧です: 個性あふれるサボテンたち:スーパー兜実生二年半:

« 黒刺鳳頭の接ぎ木苗:この一年の成長 | トップページ | 温室の冬支度を終えました。 »

無料ブログはココログ