« 四年目の新天地錦、梱包作業 | トップページ | ギムノカクタス属「白鯱」 初開花か? : 箱詰め作業完了 »

2016年12月23日 (金)

三角恩塚ランポー玉接ぎ木苗の4カ月

8月に袖ケ浦の台に接いだ三角恩塚ランポー玉、大分大きく成長してきました。この4カ月の成長を振り返ります。
 
三角恩塚ランポー玉として入手した2ロットの種の中から本当に”三角恩塚”を体現した苗を寄せ植えしたものです。実生して2年半経ちます。いずれの苗も普通のランポー玉、あるいは四角、五角の恩塚ランポー玉より細長く立ち上がって、落ち着きのない姿になっています。                   Sp7140348 
画像の苗の中から手前左側の苗の頭をカットし、袖ケ浦の台に載せました。接ぎ木により成長促進を図って、どっしり安定感のある三角恩塚ランポー玉の創造を目指したわけです。
 
<8月>
08 
 
<9月>
09 
 
<10月>
10 
 
<11月>
11 
 
<12月>
12 
 
 
 
形状としては目指すものに近づいてきていますが、大きさはまだまだ。径2cm、高さ3cm程度です。来年は肥沃な用土に植え替え、ガンガン日光浴させて成長促進を図ります。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 四年目の新天地錦、梱包作業 | トップページ | ギムノカクタス属「白鯱」 初開花か? : 箱詰め作業完了 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64664978

この記事へのトラックバック一覧です: 三角恩塚ランポー玉接ぎ木苗の4カ月:

« 四年目の新天地錦、梱包作業 | トップページ | ギムノカクタス属「白鯱」 初開花か? : 箱詰め作業完了 »

無料ブログはココログ