« 似た者同士 : 強刺類実生三年生 | トップページ | タワー型碧瑠璃ランポー玉 »

2016年11月28日 (月)

まるで雪の結晶のよう: 恩塚ランポー玉

実生二年半の恩塚ランポー玉です。 Pb230314c 
Spb230314 
 
三角、四角、五角のものを寄せ植えしています。実生してから三年、四年とだんだん大きくなってゆくとそれなりに迫力が出て見事なサボテンになりますが、稜エッジのシャープな形状の観点からは実生2~3年目が一番の見ごろのような気がします。 真ん中の苗、まるで雪の結晶のようです。
 
実生3~4年を超えると球体に丸みが出てくるようになります。Spb010218 
Spb010527 
 
まあ、これはこれで良い物なのですが…。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 似た者同士 : 強刺類実生三年生 | トップページ | タワー型碧瑠璃ランポー玉 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

恩塚ランポー、模様も色も形も大好きです(笑)
特にムチムチ体型のやつがたまりません(笑)
親木を入手して種とって実生しまくりたいです!

ザッキーさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
巨大な温室の完成おめでとうございます。
実生苗の成長でスペース目いっぱいのこちらの温室とで、「需要と供給」の関係が一致しそうですね。
近く余剰苗を放出させていただきますのでお待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64556415

この記事へのトラックバック一覧です: まるで雪の結晶のよう: 恩塚ランポー玉:

« 似た者同士 : 強刺類実生三年生 | トップページ | タワー型碧瑠璃ランポー玉 »

無料ブログはココログ