« 銀冠玉の疣、接ぎ木苗には早期にはっきりと現れた。 | トップページ | 育っているのか 赤刺小平丸 »

2016年11月 1日 (火)

白斜子の逆さ接ぎ 二か月間の経過

8月下旬に思い付きで行った白斜子の逆さ接ぎ、思いのほか順調に育っています。
この二か月間の経過を時系列に並べてみました。                           
 
-9月2日- 見かけ上の変化はありません。0902crop 
 
-9月5日- 台にワキ芽が出てきました。接ぎ木の成否を占う上ではあまり良い前兆ではありません。取り敢えずカットしました。0905crop 
 
-9月6日- 接ぎ面側(下側)の球体に膨らみが出てきました。膨らんだ部分には緑色がさしてきました。                   0906crop 
 
-9月22日- 緑色の部分の一部にピンク色がさし、そこが膨らんできました。0922crop 
                                                     」
 
-9月29日- 膨らんだ部分から子が出てきました。画像では左右と中央の三カ所です。一方頂部からは根が出てきました。0929crop 
 
-10月4日- 子は大きくなり始めました。1004crop 
 
-10月9日- 左右の子は順調に大きくなっています。一方、中央の子は成長停止しています。            1009 
 
-10月14日- 根はどうすべきか戸惑っているようです。                1014crop 
 
-10月17日-               1017crop 
 
-10月21日- 左右の子はさらに順調に大きくなっています。1021crop_2 
 
-10月25日-                       1025crop 
 
-10月29日-                       1029crop_2 
 
 
-11月1日- 最近の姿です。左右の子はもとの穂(球体下半身)と同じぐらいの大きさまで育っています。根は潜望鏡のようにあたりを見回し、どうすべきか探っているようです。             1101crop
 
この下半身に対応する上半身ももちろん接ぎ木したわけですが、現在こちらも順調に育っているようです。            Pb010187crop                                                            
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 銀冠玉の疣、接ぎ木苗には早期にはっきりと現れた。 | トップページ | 育っているのか 赤刺小平丸 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64431171

この記事へのトラックバック一覧です: 白斜子の逆さ接ぎ 二か月間の経過:

« 銀冠玉の疣、接ぎ木苗には早期にはっきりと現れた。 | トップページ | 育っているのか 赤刺小平丸 »

無料ブログはココログ