« 旧ノトカクタス属「ヘルテリー」大苗 | トップページ | 割れたっ! 兜の接ぎ木苗 »

2016年11月13日 (日)

相当の割合で双頭化するマミラリア属の「アザラシ」

今日はいきなりタイトルで”オヤジギャグ”をかまさせていただきました。2013年春にネットオークションで入手した二本のアザラシの苗が順調に育っています。
 
<2013年10月> 二株が一枚の画像に収まっています。            Sdscn3122crop 
<2016年11月> こちらは一株ずつ別々の画像です。                    Spb120631crop 
Spb120630crop 
上の画像が2013年の左側の画像、下が右側の画像に対応する苗です。
二つの苗ともすでに双頭化しています。2013年の画像を振り返ってみると左側の大きいほうの苗はすでに双頭化の兆しが見えています。アザラシは子吹きせずに双頭化して増えてゆくのでしょうか。また、この先さらに四頭化、八頭化とガマの油よろしく分頭の道をたどるのでしょうか。
 
”アザラシ”という変な名前、原色サボテン辞典で正式名称をあたってみると、 Mammillaria parkinsonii “spinocior”とありました。ああそうですか、という感じ。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 旧ノトカクタス属「ヘルテリー」大苗 | トップページ | 割れたっ! 兜の接ぎ木苗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64489004

この記事へのトラックバック一覧です: 相当の割合で双頭化するマミラリア属の「アザラシ」:

« 旧ノトカクタス属「ヘルテリー」大苗 | トップページ | 割れたっ! 兜の接ぎ木苗 »

無料ブログはココログ