« ランポー玉の紅葉 | トップページ | この夏に急成長を見せた「天城」 »

2016年11月10日 (木)

エキノプシス属「大豪丸」実生苗

昨年の夏に実生したエキノプシス属の大豪丸(Echinopsis subdenudata Card )が大分大きくなってきました。たにさぼ実生倶楽部さんの第70回タネプレでいただいた種20粒を実生したもので、現在13本の苗が育っています。
 
【選抜苗4本】 特に成長の良い4本を寄せ植えしています。先々標本球として育て、開花を楽しみたいと思っています。        Spb080529crop 
現在直径3.5cmぐらいの大きさまで育っています。原色サボテン辞典によると、大豪丸は最終的に径12cm、高さ8cmにまで育つとあります。そこまで大きくするにはあと4~5年はかかりそうです。それまでには開花(白花らしい。)もするでしょうから気長に育てます。                      
 
【その他の苗9本】 残りの9本をまとめて植えています。もう少し大きくして接ぎ木の台にしたいと考えています。            Spb080465crop 
刺もないし、良い永久台になるのではないでしょうか。花の美しいサボテンの台木として相性が良さそうな気がします。
 
ただこうしてつくづく見ると、やや乳白色のかかった緑色の球体はなかなか魅力的で人の目を引き付ける何かを持っているサボテンです。台にするの、やめようかな。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« ランポー玉の紅葉 | トップページ | この夏に急成長を見せた「天城」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですが、いつも拝読させていただき栽培の参考にしてます。
この大豪丸 私の温室では一向に育たず 短毛丸に接ごうか(冗談)と思うくらいです。
一年余りでこんなに大きく育つのですね。
ヤフオクで同錦の種子を入手し 50粒あまりが発芽してきたところです。
台木に仕立てるのが目的ですが この記事をみてやる気が出てきました。

ガッテンさん、お久しぶりです。
「ガッテンと徳島カクタスクラブ」のブログ、面白いです。いつも楽しく拝見させていただいています。
大変丈夫であると思われる大豪丸が育たないというのは不思議な話ですね。用土が高級すぎるのでは?

いろいろと接ぎ木にトライされていらっしゃるようですね。大豪丸の台での接ぎ木うまく行きましたら、ブログでご紹介ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64471386

この記事へのトラックバック一覧です: エキノプシス属「大豪丸」実生苗:

« ランポー玉の紅葉 | トップページ | この夏に急成長を見せた「天城」 »

無料ブログはココログ