« 晩秋の温室の風景 | トップページ | エキノプシス属「大豪丸」実生苗 »

2016年11月 9日 (水)

ランポー玉の紅葉

秋も深まった今日この頃、一部のランポー玉の紅葉が温室内で目立ってきました。赤くなるものは赤くなり、そうでないものは緑のまま。同じランポー玉でもいろいろあるものです。
 
<袖ケ浦台の接ぎ木苗>                                                              
Pb080109crop 
 
同じ苗の9月初旬の姿 ↓ まるで画像処理して色だけ変えたようです。
P9113909crop 
 
<双頭の接ぎ木苗>                                                             
Pb080105crop 
 
同じ苗の9月初旬の姿 ↓         P9113898crop 
 
<実生寄せ植え苗> まだ紅葉の程度が未熟です。 Pb080253crop 
 
同じ苗の9月初旬の姿 ↓ 上の画像とは逆側から撮影しています。この頃から紅葉が始まっているようです。    P9022655crop 
 
程度の差こそあれ、紅葉しているということは確実に季節を感じているということですね。気温の変化や日照時間の変化、日照の傾き具合などが要因となっているのでしょうか。                                               
 
”恩塚”とか”紅葉”とか、いろいろ趣味家を楽しませてくれるうれしいランポー玉クンたちです。
 
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 晩秋の温室の風景 | トップページ | エキノプシス属「大豪丸」実生苗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64466826

この記事へのトラックバック一覧です: ランポー玉の紅葉:

« 晩秋の温室の風景 | トップページ | エキノプシス属「大豪丸」実生苗 »

無料ブログはココログ