« 育っているのか 赤刺小平丸 | トップページ | ロゼオカクタスが開花 »

2016年11月 3日 (木)

実生して三年半経ったエキノカクタス属「弁慶」

今日は実生して三年半経過したエキノカクタス属「弁慶」(Echinocactus platyacanthus“grand is")に関するものです。
 
2013年春に札幌カクタスクラブさんからの種を実生、一年後の2014年初夏にはこんなに育ちました。                    20140508
 
翌2015年8月にはさらに成長しています。Sdscn3968crop 
 
そして直近(2016年11月)の姿です。Pb010504crop 
Pb010506crop_2 
 
当初多くの苗が育っていましたが現在温室にあるのはこの二本。他の苗は”余剰苗”として全国各地の愛好家の方々に貰われて行きました。
 
この二本の苗、現在球体の大きさは直径4~5cm程度です。球体表面にはまだ若木の証である紫の横縞が認められます。                             
今のところそれほど大きくもなく、花も咲かず、刺もそれほど美しいものではないため温室内では目立たない存在です。しかしこのサボテン、数十年、数百年を経て、最終的には径1m、高さ2mにも達する巨大なものになるのです。その成長をどこまで見届けることができるか…。
                                      

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 育っているのか 赤刺小平丸 | トップページ | ロゼオカクタスが開花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64439789

この記事へのトラックバック一覧です: 実生して三年半経ったエキノカクタス属「弁慶」:

« 育っているのか 赤刺小平丸 | トップページ | ロゼオカクタスが開花 »

無料ブログはココログ