« 黒牡丹の根接ぎを試す | トップページ | 大疣連山錦の接ぎ木苗が開花しました。 »

2016年11月17日 (木)

食べられる多肉植物:グラパラリーフ

先日、夕食のサラダの中に多肉植物の葉が入っているのを見つけました。うちの山の神様にお伺いすると、「はりんご」という名称でサラダの材料用として売っていたとのこと。
 
早速口に入れ味を見てみました。なるほど「はりんご」の名称通り、青りんごの酸味を薄くしたようなさわやかな味があります。甘味はありません。ネットで調べてみると、この「はりんご」はベンケイソウ科の朧月(おぼろづき)を食用に改良した品種のようで、グラパラリーフとも呼ばれているようです。
 
食品としての効能は、KAUMO さんによりますと「20種類のビタミンと16種類のミネラルを含むという自然のサプリメント。4cmほどの葉っぱ4枚程度で牛乳1本分のカルシウムを含み、その吸収を高めるマグネシウムも豊富。」とあります。ムムッ、これは優れものの健康食品らしい!                            
 
いつも食べられもしないサボテンばかりを育てている後ろめたさもあり、この「はりんご」を育てて、家族の食料にしてみようと思い立ちました。
 
サボテンの実生に比べれば多肉植物の葉差しなんぞ、赤子の手をひねるようなものです。早速食べ残しの葉二枚をサボテン鉢の用土上に転がしておきました。Spb080404crop 
                                                               そして二週間後…            Spb150034
 
Spb150036 
 
ウム!出てきたぞ♪ 
 
ここまで来ればしめたもの、春まで温室内で肥育し、温かくなったら大きめのプランターに植えて量産体制に入ります。来年の夏は「はりんご」のサラダで夏バテ防止でも図りますか。
 
ただ、食用ですから用土は吟味する必要がありそうですね。取り敢えず考えられるのはオルトランとマグアンプの混合は止めて、腐葉土、乾燥牛糞などを使用することでしょうか。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 黒牡丹の根接ぎを試す | トップページ | 大疣連山錦の接ぎ木苗が開花しました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64506633

この記事へのトラックバック一覧です: 食べられる多肉植物:グラパラリーフ:

« 黒牡丹の根接ぎを試す | トップページ | 大疣連山錦の接ぎ木苗が開花しました。 »

無料ブログはココログ