« 相当の割合で双頭化するマミラリア属の「アザラシ」 | トップページ | くるりん パッ! スピラリスの幼苗 »

2016年11月14日 (月)

割れたっ! 兜の接ぎ木苗

この春に袖ケ浦の台に接いだ兜が身割れしました。
 
<身割れ前:11月初旬>
Pb010022 
<身割れ後:11月中旬>                           Pb120022crop 
 
成長点近傍から径方向に約60度の角度で口を開けたように身割れが起きています。パックリと口を開けてまるでパクパクマンのよう。
袖ケ浦の台に兜を接ぐとかなりの割合で身割れが起きることを経験しています。台から穂に注ぎ込むエネルギーが大きすぎて兜が受けきれないのでしょう。
 
昨年の例です。                     Dscn0322 
30cmほどに育った大きめの袖ケ浦の台に瑠璃兜錦を接ぎました。うまく接げたと喜んでいたのもつかの間、パッカン、パッカンと二カ所に大きな身割れを起こしました。
 
約一年半後の現在の姿です。        Spb120167 
成長により身割れの部分は下側に回り込んで見えなくなりましたが、球体にはまだ身割れのひずみが残って歪んでいます。
 
接ぎ木は成長が早いといえども、身割れのような大きな傷ができると完全な姿に戻るまで2~3年は覚悟しなければならないようです。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 相当の割合で双頭化するマミラリア属の「アザラシ」 | トップページ | くるりん パッ! スピラリスの幼苗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64493910

この記事へのトラックバック一覧です: 割れたっ! 兜の接ぎ木苗:

« 相当の割合で双頭化するマミラリア属の「アザラシ」 | トップページ | くるりん パッ! スピラリスの幼苗 »

無料ブログはココログ