« 自然が織りなす造形の美:恩塚ランポー玉 | トップページ | 新天地(錦)実生苗三年半:置き場所で成長に違いが出たか »

2016年11月 6日 (日)

金冠竜三年弱の実生苗

2014年の1月に実生した金冠竜。年明けとともに満三歳になります。
たにさぼ実生倶楽部さんからいただいた種(赤刺20粒、黄刺20粒)を蒔き、赤刺12本、黄刺4本が発芽しました。そのうち7本、2本がそれぞれ生き残っています。
 
Spb010470crop 
 
Spb010471crop 
 
 
それぞれの球体の大きさは3~4cmほどになり、ここまでくればもう簡単に消えてなくなることはなさそうです。一年前から温室内の素ガラス下に置くようにしたため、それまでのような育ちの早さはなくなりましたが、それでも確実に強刺類らしさを出しながら成長を続けています。
 
うちには30年近く前に名古屋の五十鈴園さんから購入した金冠竜の大株があります。数年前にやっと初開花を迎え、それ以降毎年黄金色の花を見せてくれます。                  Spb010519crop 
この株は確か竜神木の台がついていたはずです。実根の実生株たちは開花するまであと何年かかるのでしょうか。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 自然が織りなす造形の美:恩塚ランポー玉 | トップページ | 新天地(錦)実生苗三年半:置き場所で成長に違いが出たか »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64453553

この記事へのトラックバック一覧です: 金冠竜三年弱の実生苗:

« 自然が織りなす造形の美:恩塚ランポー玉 | トップページ | 新天地(錦)実生苗三年半:置き場所で成長に違いが出たか »

無料ブログはココログ