« ギムノカリキウム属の古株 (2) ペンタカンサ  | トップページ | ラウシー 今年最後の開花 »

2016年10月12日 (水)

銀冠玉に巣食っていた赤ダニさんたちはその後どうなったか

殺ダニ剤である”コロマイト”と”ダニ太郎”とを使用した連続攻撃から一週間が経過しました。ゾロゾロと銀冠玉の球体上を這いまわっていたあの赤ダニたちはその後どうなったでしょうか。                                   
被害を受けた実生三年半の銀冠玉寄せ植え鉢です。
Spa090379crop 
手前側の苗の体表面に噴き出た白紛はダニにかじられた跡です。一週間前より増えているようです。まだダニがいるのか、又はダニ被害の症状が時間差を置いて出てきたのか?                                      
少し拡大して各苗ごとに見てみましょう。Spa120002 
Spa120004 
Spa120006 
赤茶けた点々が見られますが、ルーペで観察したところ動きがないので生きている赤ダニではなさそうです。多分球体表面にできた傷のようなものでしょう。   
これでほぼ赤ダニ殲滅作戦は完了したと思われますが、念には念を入れて週末にもう一度濃い目のダニ太郎を散布し、とどめを刺しておこうと考えています。   
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« ギムノカリキウム属の古株 (2) ペンタカンサ  | トップページ | ラウシー 今年最後の開花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64340015

この記事へのトラックバック一覧です: 銀冠玉に巣食っていた赤ダニさんたちはその後どうなったか:

« ギムノカリキウム属の古株 (2) ペンタカンサ  | トップページ | ラウシー 今年最後の開花 »

無料ブログはココログ