« ペクチ二フェラ この三年半の歩み | トップページ | 夏を越してきたコノフィツム実生苗 »

2016年10月23日 (日)

強刺ギムノ フェロシオール

これまでに数度このブログに登場しているギムノカリキウム属の「フェロシオール」。ギムノの中でも最も刺が強いサボテンのうちの一つであると言っても間違いないでしょう。
三年前の春にネットオークションで14本の苗を入手しました。当時の画像です。Sdscn0560 
Sdscn0561 
Sdscn0562 
 
 
三年半後の今はどうなっているでしょう。一部は各地の愛好家に里子としてもらわれて行き、現在4本の苗が残っています。            Sp9220548 
 
Sp9220550 
Sp9220549_2 
Sp9220552 
こうしてみると結構成長が早いものですね。現在の直径(刺を入れず)は7cm程度ですが10cmを超えてきたら迫力が出てきそうです。ギムノはどちらかといえば遮光を強くして育てるべき種類が多い中、このフェロシオールは弱い遮光にとどめ、強い刺の発生を促しています。成長も結構早いことから用土中に有機質の肥料も混入してご機嫌をとっています。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« ペクチ二フェラ この三年半の歩み | トップページ | 夏を越してきたコノフィツム実生苗 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

気温差が激しいので、体調には気をつけてくださいね
応援しておきました。ポチッ

矢田さん、お心遣いありがとうございます。
”医療職兼業トレーダー”とは面白い。
セミプロのように株の売買をしているお医者さんをイメージしてしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64389759

この記事へのトラックバック一覧です: 強刺ギムノ フェロシオール:

« ペクチ二フェラ この三年半の歩み | トップページ | 夏を越してきたコノフィツム実生苗 »

無料ブログはココログ