« 綾波:秋の成長 | トップページ | 温室秋の装い:寒冷沙の撤去 »

2016年10月 1日 (土)

フェロカクタス属「巨鷲玉」 実生苗 三年目の秋

2013年の春にたにさぼさんからいただいた種を実生したフェロカクタス属の巨鷲玉。発芽して一年間の成長は極めて順調でしたが、二年目から植え替えのたびに根腐れが見つかり現在まで順調に来ているのは三本の苗だけになってしまいました。
 
Sp9220405crop 
Sp9220406crop 
Sp9220407crop 
巨鷲玉はその赤く長く幅広い刺に魅力を感じているのですが、三年半を経てようやくその片鱗を見せてきました。今年の春から敬意を表して温室内の南面素ガラス脇の特等席に置いて良い刺の出現を待ち焦がれていました。
 
 
これらの順調に育っている苗の陰に多くのこじれていった苗がありました。それらの中でしぶとく復活した二本です。           
Sp9220414crop 
Sp9220413crop 
根腐れが球体内部まで及び、胴切り発根させて救済した苗です。健全に育ってきた苗と比べると刺の貧弱さは否めず、成長は一年遅れている感じです。来年以降に期待します。
 
さらに未だに復活せず、底辺をウロウロしている苗もあります。Sp9093546crop 
胴切りし、発根してはいるのですが動き出しません。巨鷲玉に限らずフェロカクタス属のサボテンには成長途中でこのように拗れる苗が結構多く出てきます。
 
名人クラスの腕がない私には、今のところ多くの種を蒔いてこれに対応するより手がありません。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 綾波:秋の成長 | トップページ | 温室秋の装い:寒冷沙の撤去 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64284955

この記事へのトラックバック一覧です: フェロカクタス属「巨鷲玉」 実生苗 三年目の秋:

« 綾波:秋の成長 | トップページ | 温室秋の装い:寒冷沙の撤去 »

無料ブログはココログ