« 実生三年半:オブレゴニア属「帝冠」の秋 | トップページ | 苗で入手した亀甲牡丹及びヒントニーの成長 »

2016年9月20日 (火)

大疣連山:実生三年半

大疣連山が実生からそれらしい苗になるまでの記録です。あまりネットでは見ることがない記録です。成長速度を知る参考ぐらいにはなりそうです。                                  
2013年春に実生しました。
その年の9月です。実生半年後。他の牡丹類と寄せ植えしています。左側二列が大疣連山です。                     201309crop 
 
2014年9月。一つ一つの疣が膨らんできました。201409crop1 
 
2015年9月。中央の大きいの2本とその左下が大疣連山。 右側一列は連山。それらしくなってきました。            201509crop 
 
2016年9月(直近)。一番大きな苗は綿毛を吹き始め、大疣連山の片りんを見せ始めています。でも、まだ直径3cm程度。画像中小さめの苗は同時期実生の連山です。              Sp9022925crop 
 
こうしてみると連山より大疣連山のほうが成長が早い。そういえば市場で”連山”はあまり見かけなくなりましたね。                                    
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 実生三年半:オブレゴニア属「帝冠」の秋 | トップページ | 苗で入手した亀甲牡丹及びヒントニーの成長 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64232288

この記事へのトラックバック一覧です: 大疣連山:実生三年半:

« 実生三年半:オブレゴニア属「帝冠」の秋 | トップページ | 苗で入手した亀甲牡丹及びヒントニーの成長 »

無料ブログはココログ