« 老境に生きる士童 | トップページ | 初開花と花座形成とが同時にやってきた:コリオセレウスアウレウス »

2016年9月10日 (土)

接ぎ木苗に手詰まり感あり:電磁波吸収サボテンの台からワキ芽が

昨年5月に電磁波吸収サボテンの台に接いだ黒王丸のカキ子3つ。Sdscn9382crop                        この時点で台にした電磁波吸収サボテンは30~50cmほどの大きさでしたのでそのエネルギーはすざましく、穂の黒王丸は一年で直径が10cm近くになりさらに子を吹いています。
 
 
今年5月の画像です。              S041crop 
 
最近、ふと見ると一番背の高い苗の台から脇芽が。Sp9093229_2 
Mecrop 
 
吹いた子もある程度の大きさまで育ち、穂の側で台木のエネルギーを受け止めかねているのでしょうか。 この脇芽、放置しておくと穂の方に行くべきエネルギーを横取りされかねないのでカットしました。         Sp9093231 
 
初めてサボテンに使いましたが実によく切れます。材質はステンレス鋼 ですのでさびが出ず、切れ味が落ちるまでアルコール消毒すれば何度でも使えます。医療用では「使い捨て」であっても、サボテン用なら半永久的です。
切り口は通常ベンレートで殺菌しますが今回はあえてそのままにしています。理由は、ただなんとなく大丈夫そうだったので。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 老境に生きる士童 | トップページ | 初開花と花座形成とが同時にやってきた:コリオセレウスアウレウス »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64185308

この記事へのトラックバック一覧です: 接ぎ木苗に手詰まり感あり:電磁波吸収サボテンの台からワキ芽が:

« 老境に生きる士童 | トップページ | 初開花と花座形成とが同時にやってきた:コリオセレウスアウレウス »

無料ブログはココログ