« 劣悪環境下で30年生き抜いてきた牡丹類たち | トップページ | マミラリア属「アザラシ」の取りまき実生 »

2016年8月21日 (日)

ランポー玉 猛暑の中の開花

アストロフィツム属ランポー玉が猛暑の温室で開花していました。このところ日中の室温は連日40℃を超えていますが、その暑さを楽しむかのように花開いています。                 P8181162crop 
 
こうして改めて見ると随分と花びらの数が多いですね。中心部を拡大してみました。
P8181162cropcropcrop 
 
雌蕊を囲うように林立した雄蕊、またそこから放射状に広がる花びら。自然が醸し出す美しさの妙です。ああ、ガッテンさんのように絵心があればなあ…。
 
このランポー玉、30数年前に二和園さんで入手したものですが、球体の径が10cmを超えたころから縦方向にのみ伸びるようになりました。現在の高さ25cmぐらい。柱サボテン化しつつあります。
開花数日前の画像です。かっこ悪いので上半身だけ。
Sp8160973crop 
 
素性はいいと思うのですが観賞価値という観点からは少々歳をとりすぎたようです。
このランポー玉、思い出したころに自家受粉するのですが、今年も一房の種を実らせました。早速これ幸いと実生しました。     S074 
 
この中から良い形質を受け継いだ苗が出てくるとよいのですが。
 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

« 劣悪環境下で30年生き抜いてきた牡丹類たち | トップページ | マミラリア属「アザラシ」の取りまき実生 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597135/64092286

この記事へのトラックバック一覧です: ランポー玉 猛暑の中の開花:

« 劣悪環境下で30年生き抜いてきた牡丹類たち | トップページ | マミラリア属「アザラシ」の取りまき実生 »

無料ブログはココログ